血液一般検査とは - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



血液一般検査とは

血液一般検査とは

血液一般検査の意味・意義・定義など

血液は、血球(有形成分・固形成分)と血しょう(無形成分・液体成分)で構成されています。

このうち、血球には、赤血球白血球血小板があります。

血液一般検査とは、この血液の固形成分である血球(赤血球白血球血小板)の数などを調べる検査のことで、健康診断人間ドックでは必ず行われる検査項のひとつです。

血液一般検査の趣旨・的・機能

血液一般検査は、貧血や白血病、感染症などの診断に重要な検査です。

健康診断では、主に貧血のチェックのために行われています。

血液一般検査の位置づけ

血液一般検査は、血液検査のひとつです。

血液一般検査の分類・種類

血液一般検査には、次のようなものがあります。



| 現在のカテゴリ:血液検査―血液一般検査 |

現在のカテゴリ:血液検査―血液一般検査

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 7 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「血液検査―血液一般検査」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 血液一般検査とは
  2. 血液一般検査―赤血球関係―赤血球数
  3. 血液一般検査―赤血球関係―ヘモグロビン量(血色素量)
  4. 血液一般検査―赤血球関係―ヘマトクリット
  5. 血液一般検査―白血球数
  6. 血液一般検査―血小板数
  7. 血液一般検査―赤沈

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:血液検査―血液一般検査 の位置づけ

現在のカテゴリ:「血液検査―血液一般検査」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー