体液―血液―構成―白血球(免疫細胞) - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



体液―血液―構成―白血球(免疫細胞)

白血球とは

白血球の定義・意味・意義

白血球とは、血液の細胞成分(有形成分)である血球の一つです。

赤血球とは異なり、酸素を運搬する呼吸ヘモグロビンは持っていません。

白血球の位置づけ・体系(上位概念)

血液は、血球(有形成分・固形成分)と血しょう(無形成分・液体成分)で構成されています。

このうち血液の有形成分である血球としては、赤血球、白血球、血小板があります。

血液とは

白血球の趣旨・的・役割・機能

免疫

白血球は、免疫機能(生体防御)に関与しています。

したがって、白血球は免疫細胞とも呼ばれています。

白血球の分類・種類

白血球は、次のように分類されています。

白血球の約30%はリンパ球で、免疫に関係しています。

白血球 食細胞 単球 マクロファージ
顆粒球 好中球
好酸球
好塩基球
リンパ球 T細胞 ヘルパーT細胞
キラーT細胞
B細胞
NK細胞ナチュラルキラー細胞

白血球の検査

白血球に関する一般的な検査としては次のようなものがあります。



| 現在のカテゴリ:内部環境―具体例―体液―血液 |

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 11 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「内部環境―具体例―体液―血液」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 体液―血液
  2. 体液―血液―構成―赤血球
  3. 体液―血液―構成―赤血球―ヘモグロビン(血色素)
  4. 体液―血液―構成―白血球(免疫細胞)
  5. 体液―血液―構成―血小板
  6. 体液―血液―構成―血しょう
  7. 体液―血液―構成―血しょう―血清
  8. 体液―血液―構成―血しょう―血清―血清鉄
  9. 体液―血液―構成―血しょう―血清―貯蔵鉄
  10. 体液―血液―血流(血行・血液循環)
  11. 体液―血液―血流(血行・血液循環)―改善・促進

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:内部環境―具体例―体液―血液 の位置づけ

現在のカテゴリ:「内部環境―具体例―体液―血液」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー