呼吸器(呼吸器官・呼吸器系)―呼吸筋―目的―呼吸運動 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



呼吸器(呼吸器官・呼吸器系)―呼吸筋―目的―呼吸運動

呼吸運動とは

呼吸運動の定義・意味・意義

呼吸運動とは、呼吸筋がその収縮・弛緩によってを拡張・縮小させて、に空気(ガス)の出し入れ(=換気機能)をさせることをいいます。

なお、の機能・働きは次の2つに大別されます。

  1. 換気機能…空気(ガス)の出し入れ
  2. 呼吸機能…ガス交換(酸素を取り込み二酸化炭素を排出する)

呼吸運動の趣旨・的・役割・機能

の換気機能

では空気の出し入れが行われます。

ただし、自体には筋肉がないので、代わりに呼吸筋と呼ばれる筋肉で伸び縮み(拡張・縮小)させてもらうことで、空気の出し入れを行っています。

呼吸運動の分類・種類

呼吸運動はこれを行う呼吸筋の種類により次の方法があります。

  1. 横隔膜の収縮・弛緩による呼吸→腹式呼吸
  2. 肋間筋の収縮・弛緩による呼吸→式呼吸

ただし、日常的にはこの二つの呼吸方法を一緒に行なっています。

1.腹式呼吸

腹式呼吸とは、横隔膜の収縮・弛緩により、胸郭を拡張・縮小させて呼吸する方法です。

2.式呼吸

式呼吸とは、肋間筋の収縮・弛緩により、胸郭を拡張・縮小させて呼吸する方法です。

具体的には、ラジオ体操の深呼吸のように肋間筋を使って肋を広げて息を吸う方法です。



| 現在のカテゴリ:内蔵―心肺―呼吸器 |

現在のカテゴリ:内蔵―心肺―呼吸器

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 7 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「内蔵―心肺―呼吸器」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 呼吸器(呼吸器官・呼吸器系)
  2. 呼吸器(呼吸器官・呼吸器系)―肺
  3. 呼吸器(呼吸器官・呼吸器系)―肺―肺胞
  4. 呼吸器(呼吸器官・呼吸器系)―呼吸筋
  5. 呼吸器(呼吸器官・呼吸器系)―呼吸筋―目的―呼吸運動
  6. 呼吸器(呼吸器官・呼吸器系)―呼吸筋―分類―横隔膜
  7. 呼吸器(呼吸器官・呼吸器系)―指標―最大酸素摂取量

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:内蔵―心肺―呼吸器 の位置づけ

現在のカテゴリ:「内蔵―心肺―呼吸器」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー