呼吸器(呼吸器官・呼吸器系)―肺―肺胞 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



呼吸器(呼吸器官・呼吸器系)―肺―肺胞

肺胞とは

肺胞の定義・意味・意義

肺胞(はいほう)とは、に入って枝分かれを繰り返した気管支の末端にある微細な袋状の部分をいいます。

気管支は中に行くほど枝分かれしています。

肺胞の位置づけ・体系

の最小単位・主要部分

肺胞はの最小単位・主要部分です。

肺胞の趣旨・的・役割・機能

の呼吸機能(ガス交換)の主役

肺胞には毛細血管がからみついています。

そして、この毛細血管を流れる血液と肺胞内部の空気を接触させることでガス交換、すなわち空気から血液に酸素を取り込み、血液中の二酸化炭素を空気に排出します。

この肺胞のおかげでがガス交換できる表面積は非常に大きくなります。

なお、こうしてなどの呼吸器系で得た酸素は、今度は循環器系により栄養素とともに体中の細胞に運ばれます。

肺胞に関する病気・疾患・症状・トラブル

肺気腫COPD



| 現在のカテゴリ:内蔵―心肺―呼吸器 |

現在のカテゴリ:内蔵―心肺―呼吸器

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 7 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「内蔵―心肺―呼吸器」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 呼吸器(呼吸器官・呼吸器系)
  2. 呼吸器(呼吸器官・呼吸器系)―肺
  3. 呼吸器(呼吸器官・呼吸器系)―肺―肺胞
  4. 呼吸器(呼吸器官・呼吸器系)―呼吸筋
  5. 呼吸器(呼吸器官・呼吸器系)―呼吸筋―目的―呼吸運動
  6. 呼吸器(呼吸器官・呼吸器系)―呼吸筋―分類―横隔膜
  7. 呼吸器(呼吸器官・呼吸器系)―指標―最大酸素摂取量

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:内蔵―心肺―呼吸器 の位置づけ

現在のカテゴリ:「内蔵―心肺―呼吸器」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー