体幹―横隔膜 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。

体幹―横隔膜



(" 筋肉―種類―骨格筋―上半身―胸―横隔膜 "から複製)

横隔膜とは 【thoracic diaphragm

横隔膜の定義・意義・意義

横隔膜とは、胸腔胸郭の内腔)と腹腔とを境する膜状の筋肉をいいます。

横隔膜の形・大きさ・重量等

横隔膜はドーム状の丸い天井のように胸腔に盛り上がっています。

そして、上面は心臓に、下面は胃・脾臓・肝臓などに接しています。

 

横隔膜の位置づけ・体系(上位概念)

呼吸筋

横隔膜は、呼吸運動に関する筋肉呼吸筋の一つです。

哺乳類にしか存在しない筋肉です。

 

横隔膜の趣旨・的・役割・機能

横隔膜は、次のような働きを担っています。

  1. 呼吸運動
  2. 便
  3. 嘔吐

 

1.呼吸運動

横隔膜は収縮・弛緩によってを拡張・縮小させて、に空気(ガス)の出し入れをさせます(呼吸運動)。

なお、横隔膜による呼吸運動の方法を腹式呼吸といいます。

これに対して肋間筋による呼吸運動の方法を式呼吸といいます。

 

2.排便

 

3.嘔吐

 



| 現在のカテゴリ:体幹 |

現在のカテゴリ:体幹

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 6 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「体幹」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 体幹(胴体)
  2. 体幹―胸
  3. 体幹―胸―胸腔
  4. 体幹―胸―胸腔―骨―胸郭
  5. 体幹―胸―胸腔―筋肉―肋間筋
  6. 体幹―横隔膜


関連コンテンツ


現在のカテゴリ:体幹 の位置づけ

現在のカテゴリ:「体幹」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー