心疾患(心臓病)―不整脈―分類―②頻脈(頻脈性不整脈) - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



心疾患(心臓病)―不整脈―分類―②頻脈(頻脈性不整脈)

頻脈とは

頻脈の定義・意味・意義

頻脈(ひんみゃく)とは、が早くなり(脈拍数が増加し)、脈拍数が1分間に100以上ある状態をいう。

頻脈の別名・別称・通称など

頻脈性不整脈

頻脈は頻脈性不整脈ともいう。

頻脈の症状

頻脈の症状でもっとも多いのは動悸である。

部不快感、痛、息切れなどを伴うこともある。

参考:平凡社『世界大百科事典』

頻脈の位置づけ・体系(上位概念)

不整脈

頻脈は不整脈のひとつである。

なお、不整脈は次の3つに大別される。

  1. 期外収縮が飛ぶ
  2. 頻脈…が早くなる
  3. が遅くなる

頻脈の原因・理由・要因



| 現在のカテゴリ:心血管疾患―心疾患(心臓病) |

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 8 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「心血管疾患―心疾患(心臓病)」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 心疾患(心臓病)
  2. 心疾患(心臓病)―不整脈
  3. 心疾患(心臓病)―不整脈―分類―①期外収縮
  4. 心疾患(心臓病)―不整脈―分類―①期外収縮―診断
  5. 心疾患(心臓病)―不整脈―分類―①期外収縮―治療
  6. 心疾患(心臓病)―不整脈―分類―②頻脈(頻脈性不整脈)
  7. 心疾患(心臓病)―不整脈―分類―②頻脈―原因
  8. 心疾患(心臓病)―心不全

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:心血管疾患―心疾患(心臓病) の位置づけ

現在のカテゴリ:「心血管疾患―心疾患(心臓病)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー