血圧―分類―最低血圧(最小血圧・拡張期血圧・下の血圧) - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



血圧―分類―最低血圧(最小血圧・拡張期血圧・下の血圧)

(" 循環器―指標―血圧―分類―最低血圧(最小血圧・拡張期血圧・下の血圧) "から複製)

最低血圧とは

最低血圧の定義・意味・意義

血圧心臓拍動の周期に対応して変化する。

たとえば、心臓が拡張して静脈から血液が入ってくるときには血圧は低くなっていく。

最低血圧とは、この心臓拡張期における血圧の最小値をいう。

 

最低血圧の別名・別称・通称など

最低血圧は、最小血圧拡張期血圧などともいう。

また、一般に「下の血圧」とも呼ばれている。

 

最高血圧の位置づけ・体系(上位概念)

血圧

血圧測定では、最高血圧最低血圧を計る。

  1. 心臓の収縮期…最高血圧最大血圧収縮期血圧
  2. 心臓の弛緩期(拡張期)…最低血圧最小血圧拡張期血圧

 

最低血圧の趣旨・的・役割・機能

高血圧の指標

動脈硬化の指標

動脈硬化は、脳梗塞脳出血、くも膜下出血などの血管疾患(脳卒中)や、狭心症、心筋梗塞、心肥大などの心臓疾患といった動脈硬化性疾患を引き起こす大きな原因となる(これらは動脈硬化を原因とする循環器疾患である)。

この動脈硬化が進むほど、最低血圧は下がってくる。

一般には最低血圧が高くなることに注意が必要であるが、65歳ころからは逆に最低血圧が低くなったら動脈硬化が進行している可能性がある。

 

最低血圧の検査(血圧測定

日本高血圧学会は日本人向けの高血圧治療ガイドライン(高血圧治療ガイドライン2004年版)として、図のような分類を行っている。

血圧を調べる検査|厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/seikatu/kouketuatu/inspection.html

至適血圧

最高血圧が120mmHg未満かつ最低血圧が80mmHg未満

正常血圧―基準値・標準値・正常値

最高血圧が130mmHg未満かつ最低血圧が85mmHg未満

正常高血圧

最高血圧130mmHg以上139mgHg以下または最低血圧85mmHg以上89mgHg以下

高血圧

高血圧最高血圧140mmHg以上または最低血圧90mmHg以上と定義されるが、さらに以下のように細分される。

軽症高血圧

最高血圧140mmHg以上159mgHg以下または最低血圧90mmHg以上99mgHg以下

 

中等症高血圧

最高血圧160mmHg以上179mgHg以下または最低血圧100mmHg以上109mgHg以下

重症高血圧

最高血圧180mmHg以上または最低血圧110mmHg以上




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 5 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「循環器系検査―血圧の検査(血圧測定)」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 血圧
  2. 血圧―分類―最高血圧(最大血圧・収縮期血圧・上の血圧)
  3. 血圧―分類―最低血圧(最小血圧・拡張期血圧・下の血圧)
  4. 血圧―異常―高血圧
  5. 血圧―異常―低血圧

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:循環器系検査―血圧の検査(血圧測定) の位置づけ

現在のカテゴリ:「循環器系検査―血圧の検査(血圧測定)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー