食事摂取基準―指標―目標量 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



食事摂取基準―指標―目標量

目標量とは

目標量の定義・意味・意義

目標量とは、生活習慣病の一次予防を的として、現在の日本人が当面の標とすべき摂取量をいいます。

  

目標量の趣旨・的・役割・機能

生活習慣病の一次予防

他の指標が、栄養素の不足や過剰摂取による健康障害の予防を的としているのに対して、目標量は、生活習慣病の一次予防を的として、設定されています。

 

目標量の位置づけ・体系(上位概念)

食事摂取基準の指標

栄養素の不足や過剰摂取による健康障害の予防を的として、エネルギー栄養素の摂取量の基準を示したものを食事摂取基準といいます。

このうち、栄養素については、目標量を含め、次の5種類の指標が設定されています。

 

目標量が設定されている栄養素

すべての栄養素について目標量が設定されているわけではありません。

逆に、炭水化物脂質のように推定平均必要量推奨量目安量・耐容認限量などの指標ではなく、目標量だけが設定されている栄養素もあります。

 



| 現在のカテゴリ:食事摂取基準 |

現在のカテゴリ:食事摂取基準

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 7 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「食事摂取基準」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 食事摂取基準
  2. 食事摂取基準―指標―推定エネルギー必要量
  3. 食事摂取基準―指標―推定平均必要量
  4. 食事摂取基準―指標―推奨量
  5. 食事摂取基準―指標―目安量
  6. 食事摂取基準―指標―耐容上限量
  7. 食事摂取基準―指標―目標量

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:食事摂取基準 の位置づけ

現在のカテゴリ:「食事摂取基準」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー