熱中症 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



熱中症

熱中症とは

熱中症の定義・意味・意義

熱中症とは、高温多湿により、体温を調節する機能が働かなくなるために、体内に熱がこもって体調を崩し、体にさまざまな障害が起こる病気です。

熱中症になりやすい時期

熱中症は、梅雨明けから8月上旬にかけて多くなる傾向があります。

熱中症の原因

熱中症の原因は、温度(高温)と湿度(多湿)です。

温度

温度が30度以上になると、熱中症になる人が急激に増えると言われています。

ただし、すずしい日のあとに、急に暑くなった場合にも、体が慣れていないため、熱中症にかかりやすくなります。

なお、気象庁は、2011年(平成23年)から、北海道と沖縄を除く地域で、35度以上になりそうな日には「高温注意情報」を出すようになりました。

青森と宮城では33度以上とされています。

湿度

湿度は70~80%を超えると、熱中症が起こりやすくなります。

特に風が弱い場合は要注意です。

熱中症の症状・病状・病症

熱中症の具体的な症状としては、軽度のものから命を落とす重度のものまでさまざまあります。

以下、環境省の「熱中症環境保険マニュアル」参照

軽症(Ⅰ度)
  • めまい(ふらふらする)
  • 立ちくらみ
  • 筋肉の痛み(こむら返りなど筋肉の硬直)
  • 大量の発

中等症(Ⅱ度)
  • 頭痛
  • 気分の悪さ
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 倦怠感(体がだるい)

重症(Ⅲ度)
  • 意識障害(意識がもうろうとする・意識がなくなる)
  • 痙攣
  • 手足の運動障害
  • ひきつけ
  • 体温

熱中症になりやすい人

次のような人は熱中症になりやすいので、要注意です。

  • 幼児・子供
  • 高齢者
  • 肥満
  • 下痢などのため脱水症状のある人
  • 睡眠不足

幼児・子供
子供が熱中症になりやすい理由

子どもはをかく機能が十分に発達していないため、気温が高くなると、体内の温度が上昇しやすくなります。

高齢者
高齢者が熱中症になりやすい理由

年を取ると、暑さを感じにくくなります。

そのため、身体自体の反応も遅れがちになりますし、対策(エアコンをつける等)も遅れがちになります。

熱中症の指標



| 現在のカテゴリ:熱中症 |

現在のカテゴリ:熱中症

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 5 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「熱中症」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 熱中症
  2. 熱中症の予防・対策
  3. 熱中症の対処法・治療
  4. 熱中症―指標―高温注意情報
  5. 熱中症―指標―暑さ指数(WBGT 熱中症指数)

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:熱中症 の位置づけ

現在のカテゴリ:「熱中症」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー