スパイロ検査―検査項目―%肺活量(%VC) - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。


スパイロ検査―検査項目―%肺活量(%VC)


%肺活量とは 【% vital capacity

%肺活量の定義・意味・意義

%肺活量(パーセントはいかつりょう)とは、の容量を示す肺活量の、年齢、性別、身長等によって得られた予測肺活量に対する比率をいいます。

%VCと表記されます。

 

%肺活量の趣旨・的・役割・機能

拘束性換気障害の指標

%肺活量は、の換気機能のうち、拘束性換気障害の有無の重要な指標となります。

 

%肺活量の位置づけ・体系

スパイロ検査

健康診断人間ドックなどで一般に行われる肺機能検査呼吸機能検査スパイロ検査スパイロメトリー)といいます。

%肺活量はスパイロ検査から得られる重要な情報のひとつです。

肺機能検査でもっとも一般的な検査項肺活量です。

ただし、肺活量は年齢、性別、身長・体重により異なります。

そこで、肺活量から、年齢、性別、身長等によって得られた予測肺活量に対する比率である%肺活量を求めます。

そして、%肺活量が機能(拘束性換気障害の有無)の指標となります。

なお、スパイロ検査から得られる検査項には多くのものがありますが、特に重要なものとしては、%肺活量も含めて、次のようなものがあります。

 

検査数値結果の見方・読み方・解釈の仕方

%肺活量の基準値・標準値・正常値

80%以上が基準値です。

なお、スパイロ検査の際に息が漏れていると、この値は低くなり、正確な数値は出ません。

基準値より低い場合
拘束性換気障害

拘束性換気障害と判定されます。

ただし、1秒率FEV1.0)も基準値未満の場合は、全般的な換気障害として混合性換気障害閉塞性換気障害拘束性換気障害の混合)と判定されます。



| 現在のカテゴリ:肺機能検査・呼吸機能検査 |

現在のカテゴリ:肺機能検査・呼吸機能検査

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 7 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「肺機能検査・呼吸機能検査」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 肺機能検査(呼吸機能検査)
  2. スパイロ検査(スパイロメトリー)
  3. スパイロ検査―検査項目―肺活量(VC)
  4. スパイロ検査―検査項目―%肺活量(%VC)
  5. スパイロ検査―検査項目―努力性肺活量(FVC)
  6. スパイロ検査―検査項目―1秒量(FEV1.0)
  7. スパイロ検査―検査項目―1秒率(FEV1.0%)


関連コンテンツ


現在のカテゴリ:肺機能検査・呼吸機能検査 の位置づけ

現在のカテゴリ:「肺機能検査・呼吸機能検査」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー