肩―筋肉―インナーマッスル―回旋筋腱板(ローテーターカフ)―棘上筋 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



肩―筋肉―インナーマッスル―回旋筋腱板(ローテーターカフ)―棘上筋

(" 筋肉―種類―骨格筋―上半身―肩―インナーマッスル―回旋筋腱板(ローテーターカフ)―棘上筋 "から複製)

棘上筋とは

棘上筋の定義・意義・意義

棘上筋(きょくじょうきん)とは、肩のインナーマッスルのひとつで、肩甲骨)の上面と上腕上腕)に付着するものをいう。

棘上筋の位置づけ・体系(上位概念)

回旋筋腱板ローテーターカフ

棘上筋回旋筋腱板(かいせんきんけんばん。別名:ローテーターカフ)のひとつである。

なお、回旋筋腱板肩のインナーマッスルであり、次の4つの小さな筋肉の総称をいう。

  1. 肩甲下筋(けんこうかきん)
  2. 棘上筋(きょくじょうきん)
  3. 棘下筋(きょくかきん)
  4. 小円筋(しょうえんきん)

棘上筋の趣旨・的・役割・機能

棘上筋回旋筋腱板のなかでもっとも損傷を受けやすいといわれている。

『カラー図解 筋肉のしくみ・はたらき事典』 西東社、2010年、37頁。

関節の安定

棘上筋は、回旋筋腱板のひとつとして、上腕を身体に引き寄せて関節肩甲骨上腕)を安定する役割を果たす。

上腕の外旋

回旋筋腱板上腕を回旋(内側と外側に回転させる・ねじる動きで、内旋と外旋とがある)させる主力筋としての役割も果たす。

このうち、棘上筋三角筋とともに(三角筋の協力筋)上腕を外旋させる(外側に回転させる)主力筋としての役割を果たす。



| 現在のカテゴリ:体幹―肩 |

現在のカテゴリ:体幹―肩

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 7 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「体幹―肩」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 肩―骨格―骨―肩甲骨
  2. 肩―筋肉―アウターマッスル―三角筋
  3. 肩―筋肉―インナーマッスル―回旋筋腱板(ローテーターカフ)
  4. 肩―筋肉―インナーマッスル―回旋筋腱板(ローテーターカフ)―肩甲下筋
  5. 肩―筋肉―インナーマッスル―回旋筋腱板(ローテーターカフ)―棘上筋
  6. 肩―筋肉―インナーマッスル―回旋筋腱板(ローテーターカフ)―棘下筋

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:体幹―肩 の位置づけ

現在のカテゴリ:「体幹―肩」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー