肩―筋肉―インナーマッスル―回旋筋腱板(ローテーターカフ) - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



肩―筋肉―インナーマッスル―回旋筋腱板(ローテーターカフ)

(" 筋肉―種類―骨格筋―上半身―肩―インナーマッスル―回旋筋腱板(ローテーターカフ) "から複製)

回旋筋腱板とは

回旋筋腱板の定義・意義・意義

回旋筋腱板(かいせんきんけんばん)とは、にある次の4つの小さな筋肉の総称をいう。

  1. 肩甲下筋(けんこうかきん)
  2. 棘上筋(きょくじょうきん)
  3. 棘下筋(きょくかきん)
  4. 小円筋(しょうえんきん)

回旋筋腱板の別名・別称・通称など

ローテーターカフ

回旋筋腱板ローテーターカフともいう。

回旋筋腱板の位置づけ・体系

肩のインナーマッスル

回旋筋腱板肩のインナーマッスルで、のアウターマッスルである三角筋の内側にある。

回旋筋腱板の趣旨・的・役割・機能

関節の安定

インナーマッスルである回旋筋腱板関節肩甲骨上腕)を安定する役割を果たす。

これによりアウターマッスルである三角筋が大きな力を働かせることができる。

上腕の回旋

回旋筋腱板上腕を回旋(内側と外側に回転させる・ねじる動きで、内旋と外旋とがある)させる主力筋としての役割も果たす。

しかし、日常生活では、回旋という動きをする機会は少ない。

そのため、血行が悪くなり、筋肉が硬くなってしまうことが多い。

Tarzan『全身ストレッチバイブル』 マガジンハウス、1995年、45頁。

こり

回旋筋腱板が疲労したときもこりは起こる。

Tarzan『全身ストレッチバイブル』 マガジンハウス、1995年、45頁。

関節周囲炎(いわゆる四十・五十

回旋筋腱板のトラブルは関節周囲炎(いわゆる四十・五十)の原因となる。



| 現在のカテゴリ:体幹―肩 |

現在のカテゴリ:体幹―肩

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 7 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「体幹―肩」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 肩―骨格―骨―肩甲骨
  2. 肩―筋肉―アウターマッスル―三角筋
  3. 肩―筋肉―インナーマッスル―回旋筋腱板(ローテーターカフ)
  4. 肩―筋肉―インナーマッスル―回旋筋腱板(ローテーターカフ)―肩甲下筋
  5. 肩―筋肉―インナーマッスル―回旋筋腱板(ローテーターカフ)―棘上筋
  6. 肩―筋肉―インナーマッスル―回旋筋腱板(ローテーターカフ)―棘下筋

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:体幹―肩 の位置づけ

現在のカテゴリ:「体幹―肩」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー