抗炎症剤(消炎剤)―剤形による分類―内服薬―錠剤―セレスタミン - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



抗炎症剤(消炎剤)―剤形による分類―内服薬―錠剤―セレスタミン

セレスタミンとは

セレスタミンの定義・意味・意義

セレスタミンとは、もっとも強力なステロイド抗炎症薬副腎皮質ホルモン剤副腎皮質ステロイド)であるリンデロンと抗ヒスタミン剤(抗アレルギー薬)であるポララミンの合剤である。

セレスタミンの位置づけ・体系(上位概念)

抗炎症薬抗炎症剤消炎剤

セレスタミンは、錠剤の抗炎症薬のひとつである。

セレスタミンの薬効(作用・働き・効果)

セレスタミンはステロイド抗炎症薬と抗ヒスタミン剤を含むため、抗炎症作用と抗ヒスタミン作用を有し、古くから使用されている。

セレスタミンが処方される病気・疾患・症状(適応症)

セレスタミンの適応症は以下のとおり。

  • じんましん(慢性例をのぞく)
  • 湿疹皮膚炎の急性期・急性憎悪期
  • 薬疹(やくしん)
  • アレルギー性鼻炎

ナツメ社『早引き薬事典第3版』、2010年、236頁。



| 現在のカテゴリ:抗炎症薬(抗炎症剤・消炎剤) |

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 10 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「抗炎症薬(抗炎症剤・消炎剤)」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 抗炎症薬(抗炎症剤・消炎剤)
  2. 抗炎症薬(消炎剤)―成分による分類―ステロイド系抗炎症薬―ステロイド外用剤(副腎皮質ホルモン剤・副腎皮質ステロイド)
  3. 抗炎症剤(消炎剤)―剤形による分類―内服薬―錠剤―セレスタミン
  4. 抗炎症剤(消炎剤)―剤形による分類―外用薬―貼り薬(貼付剤)
  5. 抗炎症剤(消炎剤)―剤形による分類―外用薬―貼り薬(貼付剤)ー刺激型(湿布薬・湿布剤)
  6. 抗炎症剤(消炎剤)―剤形による分類―外用薬―貼り薬(貼付剤)ー経皮吸収型(非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs))
  7. 抗炎症剤(消炎剤)―剤形による分類―外用薬―貼り薬(貼付剤)ー経皮吸収型(非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs))ーパップ剤
  8. 抗炎症剤(消炎剤)―剤形による分類―外用薬―貼り薬(貼付剤)―経皮吸収型(非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs))ーパップ剤ーモーラスパップ
  9. 抗炎症剤(消炎剤)―剤形による分類―外用薬―貼り薬(貼付剤)ー経皮吸収型(非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs))ープラスター剤(テープ剤)
  10. 抗炎症剤(消炎剤)―剤形による分類―外用薬―貼り薬(貼付剤)―経皮吸収型(非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs))ープラスター剤(テープ剤)ーロキソプロフェンナトリウムテープ

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:抗炎症薬(抗炎症剤・消炎剤) の位置づけ

現在のカテゴリ:「抗炎症薬(抗炎症剤・消炎剤)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー