抗炎症薬(消炎剤)―成分による分類―ステロイド系抗炎症薬―ステロイド外用剤(副腎皮質ホルモン剤・副腎皮質ステロイド) - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



抗炎症薬(消炎剤)―成分による分類―ステロイド系抗炎症薬―ステロイド外用剤(副腎皮質ホルモン剤・副腎皮質ステロイド)

(" 湿疹(皮膚炎)―治療―ステロイド外用剤(副腎皮質ホルモン剤・副腎皮質ステロイド) "から複製)

ステロイド外用剤とは

ステロイド外用剤の定義・意味・意義

ステロイド外用剤とは、医療に用いるために人工的に合成した糖質コルチコイド副腎皮質ホルモンの一種)をいいます。

副腎皮質ホルモン剤とも呼ばれます。

 

ステロイド外用剤の趣旨・的・役割・機能

強い抗炎症作用・抗アレルギー作用

ステロイド外用剤には、強い抗炎症作用・抗アレルギー作用があり、短期間で炎症等を抑える効果が期待できます。

 

ステロイド外用剤の位置づけ・体系(上位概念)

抗炎症薬

ステロイド外用剤が処方される病気・疾患・症状(適応)

 

ステロイド外用剤の位置づけ・体系(上位概念)

外用薬外用剤

ステロイド外用剤は、皮膚科をはじめとして、もっともよく使用される外用薬のひとつです。

 

ステロイド外用剤の具体例

処方薬(医療用医薬品)
  • アンテベート

 

市販薬(一般用医薬品)

 



| 現在のカテゴリ:抗炎症薬(抗炎症剤・消炎剤) |

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 10 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「抗炎症薬(抗炎症剤・消炎剤)」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 抗炎症薬(抗炎症剤・消炎剤)
  2. 抗炎症薬(消炎剤)―成分による分類―ステロイド系抗炎症薬―ステロイド外用剤(副腎皮質ホルモン剤・副腎皮質ステロイド)
  3. 抗炎症剤(消炎剤)―剤形による分類―内服薬―錠剤―セレスタミン
  4. 抗炎症剤(消炎剤)―剤形による分類―外用薬―貼り薬(貼付剤)
  5. 抗炎症剤(消炎剤)―剤形による分類―外用薬―貼り薬(貼付剤)ー刺激型(湿布薬・湿布剤)
  6. 抗炎症剤(消炎剤)―剤形による分類―外用薬―貼り薬(貼付剤)ー経皮吸収型(非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs))
  7. 抗炎症剤(消炎剤)―剤形による分類―外用薬―貼り薬(貼付剤)ー経皮吸収型(非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs))ーパップ剤
  8. 抗炎症剤(消炎剤)―剤形による分類―外用薬―貼り薬(貼付剤)―経皮吸収型(非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs))ーパップ剤ーモーラスパップ
  9. 抗炎症剤(消炎剤)―剤形による分類―外用薬―貼り薬(貼付剤)ー経皮吸収型(非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs))ープラスター剤(テープ剤)
  10. 抗炎症剤(消炎剤)―剤形による分類―外用薬―貼り薬(貼付剤)―経皮吸収型(非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs))ープラスター剤(テープ剤)ーロキソプロフェンナトリウムテープ

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:抗炎症薬(抗炎症剤・消炎剤) の位置づけ

現在のカテゴリ:「抗炎症薬(抗炎症剤・消炎剤)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー