炎症 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



炎症

炎症とは 【inflammation

炎症の定義・意味・意義

炎症(えんしょう)とは、傷・やけどなどの物理的作用、薬物・放射線などの化学的作用、細菌感染など異物の侵入(異物化した自己の細胞も含む)などによる、組織の損傷・変化に対する免疫反応の症候をいう。

身体の一部分の器官の名前のあとに付けて,その部分に起こった熱・腫れ(はれ)・痛みなどを伴う病気を示す。

平凡社『世界大百科事典』

炎症の症状徴候症候

古くから、次の4つが炎症の症候といわれている。

  1. 発赤
  2. 熱感
  3. 腫脹(しゅちょう)…腫れ(はれ)
  4. 疼痛

炎症の具体例

皮膚炎湿疹

皮膚に起こる炎症を皮膚炎湿疹とも)という。

炎症の分類・種類

炎症はその持続期間により急性炎症と慢性炎症とに大別される。

  1. 急性炎症…自然免疫反応
  2. 慢性炎症獲得免疫反応

炎症の原因・理由(仕組み・しくみ・メカニズム)

プロスタグランジン・ブラジキニン

組織が損傷を受けたとき、細胞膜にあるリン脂質が遊離してアラキドン酸に変わり、アラキドン酸からプロスタグランジンが生成される。

このプロスタグランジンの作用によって、炎症の熱・腫れ(はれ)・痛みなどの症状が引き起こされる。

また、組織損傷時に血しょうから遊離したブラジキニンは、知覚神経を興奮させることにより痛みを発生させる。

プロスタグランジンとはどんな関係? | 痛みとブラジキニン | メディカルトピックス | 日本ケミファ https://www.nc-medical.com/deteil/pain/pain_03.html

炎症の治療




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 14 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「能力2―恒常性維持能力(恒常性)―仕組み③―免疫系―炎症」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 炎症
  2. 炎症―慢性炎症
  3. 炎症ー具体例ー皮膚炎(湿疹)
  4. 炎症―原因―プロスタグランジン
  5. 炎症―治療
  6. 炎症―治療―薬物療法―対症療法―内服薬―ロキソニン
  7. 炎症―治療―薬物療法―対症療法―内服薬―セレコックス
  8. 炎症―治療―薬物療法―対症療法―外用薬―貼り薬(貼付剤)
  9. 炎症―治療―薬物療法―対症療法―外用薬―貼り薬(貼付剤)ー刺激型(湿布薬・湿布剤)
  10. 炎症―治療―薬物療法―対症療法―外用薬―貼り薬(貼付剤)ー経皮吸収型(非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs))
  11. 炎症―治療―薬物療法―対症療法―外用薬―貼り薬(貼付剤)ー経皮吸収型(非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs))ーパップ剤
  12. 炎症―治療―薬物療法―対症療法―外用薬―貼り薬(貼付剤)ー経皮吸収型(非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs))ーパップ剤ーモーラスパップ
  13. 炎症―治療―薬物療法―対症療法―外用薬―貼り薬(貼付剤)ー経皮吸収型(非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs))ープラスター剤(テープ剤)
  14. 炎症―治療―薬物療法―対症療法―外用薬―貼り薬(貼付剤)ー経皮吸収型(非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs))ープラスター剤(テープ剤)ーロキソプロフェンナトリウムテープ

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:「能力2―恒常性維持能力(恒常性)―仕組み③―免疫系―炎症」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー