自律神経系―働き - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



自律神経系―働き

自律神経の働き・作用

自律神経の働きの特徴・特拮抗作用

自律神経には、交感神経副交感神経があり、多くの器官ではその両方が分布しています。

そして、敵と戦ったりするなど緊張・興奮したりする場合には、交感神経の末端からノルアドレナリンが、緊張をやわらげ休息・リラックスする場合には、副交感神経の末端からアセチルコリン分泌され、互いに正反対のはたらきをしています。

このような正反対のはたらきのことを拮抗作用といいます。

自律神経の働きの具体例

瞳孔
心拍
脈拍
血圧
平滑筋
消化
尿
皮膚の血管
交感神経
拡大
促進
増加
上昇
弛緩
抑制
抑制
収縮
副交感神経
縮小
抑制
減少
下降
収縮
促進
促進
(分布せず)




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 6 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「神経系―末梢神経系―体性神経系と自律神経系―自律神経系」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 自律神経系
  2. 自律神経系―分類―交感神経
  3. 自律神経系―分類―副交感神経
  4. 自律神経系―働き
  5. 自律神経系―働き―皮膚の血管収縮(血液量のコントロール)
  6. 自律神経系―病気―自律神経失調症

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:「神経系―末梢神経系―体性神経系と自律神経系―自律神経系」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー