自律神経系 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



自律神経系

自律神経系とは

自律神経系の定義・意義・意義

自律神経系とは、代謝心拍、呼吸、循環、消化、吸収、排泄、発体温調節内分泌、生殖など内部環境を、無意識のうちに自立的に調整している神経系です。

 

自律神経の位置・場所など

自律神経は、内臓諸器官血管壁の筋肉である平滑筋(不随意筋)や心臓筋肉である心筋(不随意筋)などに分布しています。

 

自律神経の制御・支配・調節

自律神経は、大脳の影響を受けない間脳視床下部によって支配・調節されているため、意思とは無関係に自立的にはたらきます。

 

自律神経系の位置づけ・体系(上位概念)

末梢神経系

自律神経系は末梢神経系のひとつです。

なお、末梢神経系は、そのはたらきから、体性神経系と自律神経系に分類されています。

  1. 体性神経系…動物性機能を担う随意神経系
  2. 自律神経系…植物性機能を担う不随意神経系

 

自律神経系の分類・種類

自律神経系には、次の2種類があり、多くの器官ではその両方が分布しています。

  1. 交感神経
  2. 副交感神経

 

1.交感神経

交感神経は、闘争か逃走か反応(戦うか逃げるか反応)を制御します。

 

2.副交感神経

副交感神経は、リラクゼーション反応(リラクセーション反応)を制御します。

 




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 6 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「神経系―末梢神経系―体性神経系と自律神経系―自律神経系」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 自律神経系
  2. 自律神経系―分類―交感神経
  3. 自律神経系―分類―副交感神経
  4. 自律神経系―働き
  5. 自律神経系―働き―皮膚の血管収縮(血液量のコントロール)
  6. 自律神経系―病気―自律神経失調症

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:「神経系―末梢神経系―体性神経系と自律神経系―自律神経系」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー