自律神経系―分類―交感神経 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



自律神経系―分類―交感神経

交感神経とは

交感神経の定義・意義・意義

交感神経とは、代謝、消化などの生命活動を活発にする働きをする自律神経系の神経の一つです。

 

交感神経の位置づけ・体系(上位概念)

自律神経系

自律神経系には、交感神経と副交感神経があります。

多くの器官では、交感神経と副交感神経の両方が分布して、お互いに正反対のはたらきをしています(拮抗作用)。

 

交感神経の趣旨・的・役割・機能

交感神経は興奮すると、その末端から神経伝達物質であるノルアドレナリン分泌します。

ノルアドレナリンは、それが分泌された各器官で、たとえば、次のような作用を及ぼします。

ノルアドレナリンの作用は、ホルモンの一種アドレナリンと似ています。

 

闘争か逃走か反応(戦うか逃げるか反応)―ストレス反応の中心的役割

交感神経は、闘争か逃走か反応(戦うか逃げるか反応)を制御します。

つまり、交感神経は敵と戦ったり、逃げたりする場合などにはたらき、身体を緊張・興奮させて機能を高め、ストレスに対抗しようとします。

 




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 6 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「神経系―末梢神経系―体性神経系と自律神経系―自律神経系」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 自律神経系
  2. 自律神経系―分類―交感神経
  3. 自律神経系―分類―副交感神経
  4. 自律神経系―働き
  5. 自律神経系―働き―皮膚の血管収縮(血液量のコントロール)
  6. 自律神経系―病気―自律神経失調症

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:「神経系―末梢神経系―体性神経系と自律神経系―自律神経系」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー