副腎―副腎髄質―アドレナリン - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



副腎―副腎髄質―アドレナリン

アドレナリンとは

アドレナリンの定義・意味・意義

アドレナリンとは、ノルアドレナリンと同様に、副腎髄質から分泌されるホルモンであり、交感神経から分泌される神経伝達物質でもあります。

副腎腎臓そばにある器官で、髄質はその二つの構成成分の一つである中央部分です。

 

アドレナリンの別名

エピネフリン(EPI)

アドレナリンは、エピネフリンEPI)とも呼ばれています。

 

アドレナリンの位置づけ・体系(上位概念)

カテコールアミンカテコラミン

アドレナリンは、カテコールアミンカテコラミンともいう)の一種です。

カテコールアミンには、次のような種類があります。

 

アドレナリンの趣旨・的・役割・機能

闘争か逃走か反応(戦うか逃げるか反応)―ストレスホルモン

アドレナリンは、ノルアドレナリンと同じく、カテコールアミンの一種として、ストレス反応の中心的役割を果たしています。

アドレナリンを分泌して、心拍数を増加させたり(動悸をさせたり)、血圧を上げたり、を出したりすることで、身体の機能を高めて闘争や逃走の活動に有利な状態を作り出し、ストレスに対抗しようとしているわけです。

カテコールアミンに関する理論・仮説・学説や実験

 

ただし、これにより、ストレスが除去できればいいのですが、除去できなまま、アドレナリンやノルアドレナリンといったストレスホルモン分泌され続けると、身体に負担・負荷がかかり続けるという不快な状態をもたらします。

 

不安・驚き・恐怖・怒りといった感情に関係

アドレナリンは、不安・驚き・恐怖・怒りといった感情に関係しています。

 

覚醒作用
1.交感神経と同じ働き

アドレナリンは、交感神経が興奮したときにその末端から分泌されるノルアドレナリンと同じく、次のような働きをします。

これらの働きは闘争か逃走か反応(戦うか逃げるか反応)の特徴です。

 

2.血糖値の増加の促進

アドレナリンは、血糖値が下がってきたときに低血糖状態にならないようにするため、肝臓筋肉に蓄えられているグリコーゲンの分解を促進して、血糖値の増加を促進する働きがあります。

 

アドレナリンの指標

脈拍数心拍数

脈拍数または心拍数はアドレナリンの分泌量の指標となります。

 




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 11 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「能力2―恒常性維持能力(恒常性)―仕組み②―内分泌系―ホルモン」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. ホルモン
  2. 松果体―メラトニン
  3. 脳下垂体―前葉―甲状腺刺激ホルモン(TSH)
  4. 脳下垂体―前葉―成長ホルモン(GH・STH)
  5. 甲状腺―甲状腺ホルモン
  6. 甲状腺―甲状腺ホルモン―過不足
  7. 副腎―副腎皮質―副腎皮質ホルモン(コルチコイド)
  8. 副腎―副腎皮質―副腎皮質ホルモン―糖質コルチコイド―コルチゾン
  9. 副腎―副腎髄質―アドレナリン
  10. 副腎―副腎髄質―ノルアドレナリン
  11. 精巣―テストステロン

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:「能力2―恒常性維持能力(恒常性)―仕組み②―内分泌系―ホルモン」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー