脳下垂体―前葉―成長ホルモン(GH・STH) - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



脳下垂体―前葉―成長ホルモン(GH・STH)

成長ホルモンとは 【growth hormone

成長ホルモンの定義・意味・意義

成長ホルモンとは、脳下垂体前葉から分泌され、成長や代謝を促進するホルモンをいう。

 

成長ホルモンの別名・別称・通称など

GH・STH

成長ホルモンは、GHまたはSTHとも表記される。

 

成長ホルモンの趣旨・的・役割・機能

成長の促進

代謝促進

成長ホルモンは炭水化物脂質タンパク質代謝を促進する。

 糖代謝

成長ホルモンは、肝臓に貯蔵されたグリコーゲン肝臓グリコーゲン)を分解してブドウを放出することを促進し、筋肉等が血中のブドウを取り込むことを減少させる。

参考:小学館『日本大百科全書』

なお、ブドウを一時的に貯蔵するための形態であるグリコーゲンのうち、肝臓グリコーゲンは、に安定して継続的にエネルギー(ブドウ)を供給するため、食後の一時的な血糖値上昇の調整を行うことを的としている。

脂質代謝

成長ホルモンは、体脂肪脂肪組織)からの遊離脂肪酸の放出を促進する。

小学館『日本大百科全書』

つまり、体脂肪が燃焼されるということである。

タンパク質代謝―蛋白同化作用

成長ホルモンは、アミノ酸の分解を抑え、タンパク質の合成を促進する。

小学館『日本大百科全書』

成長ホルモンのポイント・注意点・注意事項

成長ホルモンの分泌時間
ノンレム睡眠

成長ホルモンは入眠直後のノンレム睡眠に一致して分泌される。

痛みと鎮痛の基礎知識 - Pain Relief ー睡眠 http://www.shiga-med.ac.jp/~koyama/analgesia/react-sleep.html

成長ホルモンの経緯・沿革・由来・歴史など

アンチエイジング

成長ホルモンの注射をすると、身体が若返るということでアメリカでブームとなり、これを機に「アンチエイジング」という言葉が生まれた。

南雲吉則 『50歳を超えても30代に見える生き方』 講談社〈講談社新書〉、2011年、209頁。




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 11 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「能力2―恒常性維持能力(恒常性)―仕組み②―内分泌系―ホルモン」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. ホルモン
  2. 松果体―メラトニン
  3. 脳下垂体―前葉―甲状腺刺激ホルモン(TSH)
  4. 脳下垂体―前葉―成長ホルモン(GH・STH)
  5. 甲状腺―甲状腺ホルモン
  6. 甲状腺―甲状腺ホルモン―過不足
  7. 副腎―副腎皮質―副腎皮質ホルモン(コルチコイド)
  8. 副腎―副腎皮質―副腎皮質ホルモン―糖質コルチコイド―コルチゾン
  9. 副腎―副腎髄質―アドレナリン
  10. 副腎―副腎髄質―ノルアドレナリン
  11. 精巣―テストステロン

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:「能力2―恒常性維持能力(恒常性)―仕組み②―内分泌系―ホルモン」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー