副腎―副腎皮質―副腎皮質ホルモン―糖質コルチコイド―コルチゾン - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



副腎―副腎皮質―副腎皮質ホルモン―糖質コルチコイド―コルチゾン

コルチゾンとは

コルチゾンの定義・意味・意義

コルチゾンとは、副腎皮質から分泌される糖質コルチコイドというホルモンの一種です。

副腎腎臓そばにある器官で、副腎皮質はその外側の部分です。

コルチゾンの働き・作用

炎症抑制

コルチゾンの役割・機能

ストレス反応

コルチゾンはストレスによっても分泌されます。

アドレナリンノルアドレナリンドーパミンなどのカテコールアミンと同じく、ストレスに対して反応する際に分泌される主なホルモンの一つです。

ジム・レーヤー 『メンタル・タフネス』 ワニ文庫、2003年

『メンタル・タフネス』(ジム・レーヤー著)では、コルチゾンとカテコールアミンは正反対の作用をもっているとしています。

すなわち、コルチゾンは、不安、恐怖などのネガティブな感情を引き起こして、不快のものとして経験されます。

これに対して、カテコールアミンはポジティブな感情を引き起こし、不快感は感じられないと記述しています。

コルチゾンの使用・利用・活用

炎症抑制剤

コルチゾンは、リウマチ性関節炎をはじめ、いろいろな炎症の抑制剤として使用されます。

ただし、副作用が激しいため、一時期のようには使用されなくなりました。




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 11 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「能力2―恒常性維持能力(恒常性)―仕組み②―内分泌系―ホルモン」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. ホルモン
  2. 松果体―メラトニン
  3. 脳下垂体―前葉―甲状腺刺激ホルモン(TSH)
  4. 脳下垂体―前葉―成長ホルモン(GH・STH)
  5. 甲状腺―甲状腺ホルモン
  6. 甲状腺―甲状腺ホルモン―過不足
  7. 副腎―副腎皮質―副腎皮質ホルモン(コルチコイド)
  8. 副腎―副腎皮質―副腎皮質ホルモン―糖質コルチコイド―コルチゾン
  9. 副腎―副腎髄質―アドレナリン
  10. 副腎―副腎髄質―ノルアドレナリン
  11. 精巣―テストステロン

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:「能力2―恒常性維持能力(恒常性)―仕組み②―内分泌系―ホルモン」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー