甲状腺―甲状腺ホルモン―過不足 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



甲状腺―甲状腺ホルモン―過不足

甲状腺ホルモンの過不足

甲状腺ホルモンの過剰

甲状腺機能亢進症

甲状腺機能亢進症とは、狭義では、甲状腺の機能が亢進している状態をいいます。

広義では、甲状腺機能が亢進した結果、甲状腺ホルモンの一種であるトリヨードチロニンT3)またはチロキシンT4)、あるいはその両方が過剰になっている状態(=甲状腺中毒症)も含みます。

甲状腺ホルモンの不足

甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症とは、甲状腺ホルモンが不足している状態をいいます。

甲状腺ホルモンが不足すると、たとえば、次のような症状が現れます。

  • 無気力・意欲の低下
  • 記憶力低下
  • 全身倦怠(だるい・疲れやすい)
  • 食欲低下
  • 眠気
  • 動作緩慢
  • 寒がり

粘液水腫




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 11 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「能力2―恒常性維持能力(恒常性)―仕組み②―内分泌系―ホルモン」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. ホルモン
  2. 松果体―メラトニン
  3. 脳下垂体―前葉―甲状腺刺激ホルモン(TSH)
  4. 脳下垂体―前葉―成長ホルモン(GH・STH)
  5. 甲状腺―甲状腺ホルモン
  6. 甲状腺―甲状腺ホルモン―過不足
  7. 副腎―副腎皮質―副腎皮質ホルモン(コルチコイド)
  8. 副腎―副腎皮質―副腎皮質ホルモン―糖質コルチコイド―コルチゾン
  9. 副腎―副腎髄質―アドレナリン
  10. 副腎―副腎髄質―ノルアドレナリン
  11. 精巣―テストステロン

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:「能力2―恒常性維持能力(恒常性)―仕組み②―内分泌系―ホルモン」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー