精巣―テストステロン - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



精巣―テストステロン

テストステロンとは

テストステロンの定義・意味・意義

テストステロンとは、精巣から分泌される、男性ホルモン(雄性ホルモン)の一種です。

ただし、微量ながら副腎からも分泌されています。

男性ホルモンの中心です。

テストステロンの過不足

テストステロンの不足
LOH症候

テストステロンが急激に不足すると、LOH症候群(男性更年期障害)を引き起こします。

テストステロンが不足する原因・理由・要因

テストステロンと加齢(年齢 老化)の関係

テストステロンは、思春期に上昇し、20歳前後でピークに達っします。

そして、一般的には、30歳ごろから加齢とともに減少します。

ただし、男性のテストステロンの減少は、女性ほど急激には減少しません。

また、その減少率も個人差が大きく、70歳代になっても、30歳代の平均値に匹敵するテストステロン値を維持している男性も多いといいます。

さらに、テストステロンの減少が身体や精神に与える影響についても個人差が大きいといわれています。

ストレス

テストステロンは、ストレスなどで急激に減少することがあります。

テストステロンに関する検査

血液検査

テストステロンの不足は、泌尿器科で血液検査をすることでわかります。




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 11 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「能力2―恒常性維持能力(恒常性)―仕組み②―内分泌系―ホルモン」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. ホルモン
  2. 松果体―メラトニン
  3. 脳下垂体―前葉―甲状腺刺激ホルモン(TSH)
  4. 脳下垂体―前葉―成長ホルモン(GH・STH)
  5. 甲状腺―甲状腺ホルモン
  6. 甲状腺―甲状腺ホルモン―過不足
  7. 副腎―副腎皮質―副腎皮質ホルモン(コルチコイド)
  8. 副腎―副腎皮質―副腎皮質ホルモン―糖質コルチコイド―コルチゾン
  9. 副腎―副腎髄質―アドレナリン
  10. 副腎―副腎髄質―ノルアドレナリン
  11. 精巣―テストステロン

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:「能力2―恒常性維持能力(恒常性)―仕組み②―内分泌系―ホルモン」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー