自律神経系―病気―自律神経失調症 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



自律神経系―病気―自律神経失調症

自律神経失調症とは

自律神経失調症の定義・意義・意義

自律神経失調症とは、患者からのさまざまな強い不定愁訴(不定の訴え。原因不明のさまざまな身体の不調)はありますが、客観的に確認できる器質的な異常(身体的な原因)はなく(検査をしても原因となる病気が見つからず)、かつ、顕著な精神障害もない症状をいいます。

自律神経失調症の原因・理由・要因

代謝心拍、呼吸、消化、吸収、排泄、発体温調節、生殖など、身体の内部環境を調整している神経系自律神経です。

この自律神経交感神経系と副交感神経系の二つの拮抗する神経系のバランスによって調節されていますが、そのバランスが崩れた場合に起こるのが自律神経失調症です。

自律神経失調症の症状・病状・病症

自律神経失調症には、次のようなさまざまな症状があります。

  • 体がだるい(倦怠感)
  • 心臓がどきどきする(動悸)
  • 不安感・ドキドキ感・緊張感
  • イライラ感
  • の圧迫感
  • 抑鬱
  • めまい
  • 胃が重い

自律神経失調症の対策・治療・治し方・対処法

薬物療法

抗不安薬
グランダキシン

視床下部に作用して、自律神経系のアンバランスを改善する薬です。




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 6 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「神経系―末梢神経系―体性神経系と自律神経系―自律神経系」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 自律神経系
  2. 自律神経系―分類―交感神経
  3. 自律神経系―分類―副交感神経
  4. 自律神経系―働き
  5. 自律神経系―働き―皮膚の血管収縮(血液量のコントロール)
  6. 自律神経系―病気―自律神経失調症

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:「神経系―末梢神経系―体性神経系と自律神経系―自律神経系」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー