向精神薬―精神安定剤―抗不安薬(マイナートランキライザー) - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



向精神薬―精神安定剤―抗不安薬(マイナートランキライザー)

抗不安薬とは 【antianxiety drugs

抗不安薬の定義・意味・意義(効果・効用・効能・作用)

抗不安薬とは、不安・緊張といった症状を緩和させる精神安定剤です。

睡眠薬として利用される場合もあります。

マイナートランキライザーともいいます。

抗不安薬の副作用

抗不安薬には次のような副作用があります。

眠気

眠気を催すため、服用後の自動車の運転は注意が必要です。

抗不安薬の分類・種類

抗不安薬には、たとえば、次のような種類があります。

抗不安薬の位置づけ・体系

抗不安薬は精神安定剤の一種ですが、精神安定剤は、次の2つに大別されます。

抗不安薬は、抗精神病薬と比べると、作用や副作用は弱くなります。

抗不安薬が処方される病気・疾患・症状

こりなどに処方される場合もあります。

また、不整脈などの場合にも処方されることがあります。



| 現在のカテゴリ:神経系薬剤―向精神薬 |

現在のカテゴリ:神経系薬剤―向精神薬

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 10 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「神経系薬剤―向精神薬」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 向精神薬
  2. 向精神薬―精神安定剤(トランキライザー)
  3. 向精神薬―精神安定剤―抗不安薬(マイナートランキライザー)
  4. 向精神薬―精神安定剤―抗不安薬―ベンゾジアゼピン系
  5. 向精神薬―精神安定剤―抗不安薬―ベンゾジアゼピン系―作用―睡眠作用(ベンゾジアゼピン系睡眠薬)
  6. 向精神薬―精神安定剤―抗不安薬―ベンゾジアゼピン系―種類―デパス(エチゾラム)
  7. 向精神薬―精神安定剤―抗不安薬―ベンゾジアゼピン系―種類―ブロマゼパム(レキソタン)
  8. 向精神薬―精神安定剤―抗不安薬―ベンゾジアゼピン系―種類―コンスタン(アルプラゾラム)
  9. 向精神薬―精神安定剤―抗不安薬―ベンゾジアゼピン系―種類―ワイパックス
  10. 向精神薬―精神安定剤―抗不安薬―ベンゾジアゼピン系―種類―グランダキシン

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:神経系薬剤―向精神薬 の位置づけ

現在のカテゴリ:「神経系薬剤―向精神薬」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー