恒常性(ホメオスタシス)―具体例―体温―体温調節 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



恒常性(ホメオスタシス)―具体例―体温―体温調節

体温調節とは

体温調節の定義・意味など

体温調節(たいおんちょうせつ)とは、恒温動物が外部環境にかかわらず体温を一定に保つ作用をいう。

体温調節の的・役割・意義・機能・作用など

代謝効率の向上

動物は、食べ物などを外部から取り込み、分解(異化)して、体をつくる等する物質(栄養素)と生きていくうえで必要なエネルギーを得て、生命を維持している(代謝。物質変換能力・エネルギー変換能力)。

体温が一定だと、この効率がよくなり、生存に有利になる。

体温調節の位置づけ・体系(上位概念等)

恒常性

体温調節は、恒常性維持機能のひとつである。

恒常性が維持できないと、生物は生きながらえることができない。

たとえば、熱中症では、体温を下げるためにをかくための水分が不足して、体温調節がはたらかなくなり、体調をくずす。

なお、身体の恒常性を維持するしくみには、体温調節も含めて、次のようなものがある。

体温調節の仕組み(しくみ)

視床下部

体温を調節する機能は、間脳視床下部を中枢とする自律神経内分泌系ホルモン分泌)が担当する。

『理解しやすい生物Ⅰ・Ⅱ 【改訂版】』 文英堂、2008年、240頁。

体温が上げる場合

体温が下げる場合
  • をかいて熱を出す
  • 血管を拡げて熱を出す




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 5 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「能力2―恒常性維持能力(恒常性)」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 恒常性(ホメオスタシス)
  2. 恒常性(ホメオスタシス)―具体例―体温
  3. 恒常性(ホメオスタシス)―具体例―体温―体温調節
  4. 恒常性(ホメオスタシス)―具体例―老廃物
  5. 恒常性(ホメオスタシス)―具体例―免疫

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:能力2―恒常性維持能力(恒常性) の位置づけ

現在のカテゴリ:「能力2―恒常性維持能力(恒常性)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー