免疫―分類―獲得免疫―体液性免疫(液性免疫)―仕組み―抗原(アンチゲン) - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



免疫―分類―獲得免疫―体液性免疫(液性免疫)―仕組み―抗原(アンチゲン)

抗原とは 【antigen

抗原の定義・意味・意義

抗原とは、体の免疫系によって異物・非自己として認識され、獲得免疫体液性免疫・細胞性免疫)による自己防衛システムが作動する原因となる物質をいいます。

たとえば、体液性免疫では、体内に侵入した異物が「抗原」と認識され、その抗原を無害化して排除する(=抗原抗体反応)ための「抗体」が血液中につくられます。

体内に一度抗体がつくられると、のちに再び抗原が与えられても、抗原抗体反応が起こって抗原は無害化され排除されます。

抗原の別名・別称・通称など

アンチゲン

抗原はアンチゲンともいいます。

抗原の分類・種類(具体例)

異物・非自己

細菌・ウイルス・毒素・異種たんぱく質など、体にとって、自己が持っていない物質=異物や非自己的な物質が抗原となります。

そして、異物に対しては体液性免疫、非自己に対しては細胞性免疫の自己防衛システムがそれぞれ作動します。

  1. 異物→体液性免疫
  2. 非自己→細胞性免疫

ただし、自己が持っている物質や体が新生した異物(がん)なども抗原となることがあります。




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 9 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「能力2―恒常性維持能力(恒常性)―仕組み③―免疫系」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 免疫
  2. 免疫―分類―自然免疫
  3. 免疫―分類―自然免疫―仕組み―NK細胞(ナチュラルキラー細胞)
  4. 免疫―分類―獲得免疫
  5. 免疫―分類―獲得免疫―体液性免疫(液性免疫)
  6. 免疫―分類―獲得免疫―体液性免疫(液性免疫)―仕組み―抗原(アンチゲン)
  7. 免疫―分類―獲得免疫―体液性免疫(液性免疫)―仕組み―抗体
  8. 免疫―分類―獲得免疫―体液性免疫(液性免疫)―仕組み―抗原抗体反応
  9. 免疫―分類―獲得免疫―細胞性免疫―仕組み―抗原(アンチゲン)

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:「能力2―恒常性維持能力(恒常性)―仕組み③―免疫系」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー