大腿(上腿)―筋肉―大腿筋―ももの前側―大腿四頭筋 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



大腿(上腿)―筋肉―大腿筋―ももの前側―大腿四頭筋

(" 筋肉―種類―骨格筋―下半身―足―大腿―大腿筋―ももの前側―大腿四頭筋 "から複製)

大腿四頭筋とは

大腿四頭筋の定義・意味・意義

大腿四頭筋(だいたいしとうきん)とは、大腿の前面にある強い筋肉で、次の4つの筋肉の総称をいう。

  1. 大腿直筋(だいたいちょっきん)
  2. 外側広筋(がいそくこうきん)
  3. 内側広筋(ないそくこうきん)
  4. 中間広筋(ちゅうかんこうきん)

大腿四頭筋の趣旨・的・役割・機能

加齢にともなっていちばん衰えやすいのが、大腿四頭筋であるという報告もあるという。

別冊NHKきょうの健康『ひざの痛み あなたに合った治療がわかる』 日本放送出版協会、2007年、31頁。

の痛みを予防・治療するための運動療法で、特に鍛えるべき筋肉大腿四頭筋である。

別冊NHKきょうの健康『ひざの痛み あなたに合った治療がわかる』 日本放送出版協会、2007年、31頁。

関節の伸展

大腿四頭筋関節を伸ばす働きをし、関節の伸展に大きな役割を果たしている。

関節の支持

大腿四頭筋は、関節を支えている。

たとえば、歩くときは、かかとから着地するが、このとき、大腿四頭筋が収縮して、にかかる負担を和らげている。

別冊NHKきょうの健康『ひざの痛み あなたに合った治療がわかる』 日本放送出版協会、2007年、31頁。

そのため、加齢などでこの筋肉が衰えると、関節への負担が大きくなる。

日常生活動作

大腿四頭筋は、立ち上がる、歩く、階段を上るなどの日常生活動作に必要な筋肉である。

大腿四頭筋の位置づけ・体系

大腿四頭筋の上端

大腿四頭筋のうち大腿直筋だけが盤の腸につながっている。

大腿四頭筋の他の3つの筋肉盤とはつながっていない。

大腿四頭筋の下端

大腿四頭筋の4つの筋肉はすべて(しつがいこつ。頭(ひざがしら))につながっている。

大腿四頭筋と関係・関連する概念

拮抗筋
ハムストリング

大腿四頭筋と拮抗筋の関係にあるのはハムストリングである。

すなわち、を伸ばすときは、大腿四頭筋が収縮し、ハムストリングが弛緩する。

を曲げるときは、ハムストリングが収縮し、大腿四頭筋が弛緩する。

大腿四頭筋運動

大腿四頭筋の鍛え方・筋トレ

ウォーキング

ラジオ体操

ラジオ体操第一の2・12番を振って脚を曲げ伸ばす運動大腿四頭筋が鍛えられる。

スクワット

大腿四頭筋ストレッチ



| 現在のカテゴリ:下肢―脚―大腿 |

現在のカテゴリ:下肢―脚―大腿

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 6 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「下肢―脚―大腿」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 大腿(上腿)
  2. 大腿(上腿)―筋肉―大腿筋―ももの前側―大腿四頭筋
  3. 大腿(上腿)―筋肉―大腿筋―ももの前側―大腿四頭筋―大腿直筋
  4. 大腿(上腿)―筋肉―大腿筋―ももの後側―ハムストリング(ハムストリングス)
  5. 大腿(上腿)―筋肉―大腿筋―ももの後側―ハムストリング(ハムストリングス)―大腿二頭筋
  6. 大腿(上腿)―筋肉―大腿筋―ももの内側―内転筋

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:下肢―脚―大腿 の位置づけ

現在のカテゴリ:「下肢―脚―大腿」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー