神経系―分類―中枢神経系―ドーパミン神経系 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



神経系―分類―中枢神経系―ドーパミン神経系

ドーパミン神経系とは

ドーパミン神経系の定義・意義・意義

ドーパミン神経系とは、ドーパミンを伝達物質として、これを分泌する中枢神経系をいいます。

つまり、内にあるドーパミン分泌するための経路ということです。

 

ドーパミン神経系の分類・種類

内には、A8~A15までの複数のドーパミン神経系があります。

なかでも、中にあるA10と呼ばれるドーパミン神経系は、哺乳類の報酬系であると考えられています。

 

A10神経系

苫米地英人氏は、A10について、その著作で次のように述べています。

内には複数のドーパミン経路があり、その中でもA10と呼ばれる有名な神経束にはドーパミン受容体がありません。通常は、ドーパミン分泌され過ぎると、「これ以上の分泌は不要です」という分泌を抑制しようとする信号が内に流れるのですが、A10にはそれがありません。つまり、無制限にドーパミン分泌されるのです。

苫米地英人 『幻想と覚醒』 三才ブックス、2010年、179頁。

 

ドーパミン神経系の趣旨・的・役割・機能

報酬系

報酬系とは

 

ドーパミン神経系と関係・関連・連携する物質

GABA

A10神経系のはたらきはGABAギャバ)という物質により抑制されます。

 

エンドルフィン

麻薬や脳内麻薬とも呼ばれるエンドルフィン(正確にはβエンドルフィン)は、GABAによるA10神経系の抑制を抑制します。

つまり、GABAによるA10神経系への抑制が効かなくなる、ということで、これによりドーパミンが無制限に分泌され、強烈な快感(多幸感)を感じます。

 



| 現在のカテゴリ:神経系 |

現在のカテゴリ:神経系

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 17 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「神経系」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 神経系
  2. 神経系―単位―神経細胞―神経伝達物質
  3. 神経系―単位―神経細胞―神経伝達物質―アセチルコリン
  4. 神経系―単位―神経細胞―神経伝達物質―カテコールアミン(カテコラミン)
  5. 神経系―単位―神経細胞―神経伝達物質―カテコールアミン―アドレナリン
  6. 神経系―単位―神経細胞―神経伝達物質―カテコールアミン―ノルアドレナリン
  7. 神経系―単位―神経細胞―神経伝達物質―カテコールアミン―ドーパミン
  8. 神経系―単位―神経細胞―神経伝達物質―セロトニン
  9. 神経系―単位―神経細胞―神経伝達物質―セロトニンを増やす方法―一般
  10. 神経系―単位―神経細胞―神経伝達物質―セロトニンを増やす方法―特殊
  11. 神経系―単位―神経細胞―神経伝達物質―セロトニン―病気
  12. 神経系―単位―神経細胞―神経伝達物質―エンドルフィン
  13. 神経系―分類―中枢神経系(中枢神経)
  14. 神経系―分類―中枢神経系―ドーパミン神経系
  15. 神経系―分類―中枢神経系―報酬系
  16. 神経系―分類―末梢神経系
  17. 神経系―分類―末梢神経系―坐骨神経(座骨神経)

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:神経系 の位置づけ

現在のカテゴリ:「神経系」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー