神経系―単位―神経細胞―神経伝達物質―セロトニンを増やす方法―一般 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。


神経系―単位―神経細胞―神経伝達物質―セロトニンを増やす方法―一般


セロトニンを増やすための一般的な方法

はじめに

セロトニンは、心・精神の安定を図って、穏やかな気持にさせてくれる神経伝達物質です。

セロトニン不足は、たとえば、うつ病など、さまざまな心の病気等の原因になることがわかっています。

このページでは、セロトニンを増やす一般的な方法についてまとめています。

食欲や性欲を満たすこと

単純に、食欲や性欲を満たせば、セロトニンを増やすことができます。

太陽光

セロトニンは朝に太陽光を浴びることで増加します。

運動

意識的に集中したリズミカルな運動や呼吸

セロトニンの研究で有名な有田秀穂教授は、意識的に集中して行う、リズミカルな運動(歩行など)や呼吸法がセロトニンを増加させるとしています。

首まわし

ちょっとした仕事の合間や入浴中などに首まわしをすることで、セロトニンを増やすことができます。

食事

食べ物

セロトニンは、トリプトファンという必須アミノ酸、つまり、食事により外部から取り入れる必要があるアミノ酸から合成されます。

したがって、セロトニンを増やして穏やかな気持ちになるには食べ物も重要です。

トリプトファンを多く含む食品・食べ物・食材については、次のページを参照してください。

トリプトファンを多く含む食品・食べ物・食材

サプリメント



| 現在のカテゴリ:神経系 |

現在のカテゴリ:神経系

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 17 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「神経系」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 神経系
  2. 神経系―単位―神経細胞―神経伝達物質
  3. 神経系―単位―神経細胞―神経伝達物質―アセチルコリン
  4. 神経系―単位―神経細胞―神経伝達物質―カテコールアミン(カテコラミン)
  5. 神経系―単位―神経細胞―神経伝達物質―カテコールアミン―アドレナリン
  6. 神経系―単位―神経細胞―神経伝達物質―カテコールアミン―ノルアドレナリン
  7. 神経系―単位―神経細胞―神経伝達物質―カテコールアミン―ドーパミン
  8. 神経系―単位―神経細胞―神経伝達物質―セロトニン
  9. 神経系―単位―神経細胞―神経伝達物質―セロトニンを増やす方法―一般
  10. 神経系―単位―神経細胞―神経伝達物質―セロトニンを増やす方法―特殊
  11. 神経系―単位―神経細胞―神経伝達物質―セロトニン―病気
  12. 神経系―単位―神経細胞―神経伝達物質―エンドルフィン
  13. 神経系―分類―中枢神経系(中枢神経)
  14. 神経系―分類―中枢神経系―ドーパミン神経系
  15. 神経系―分類―中枢神経系―報酬系
  16. 神経系―分類―末梢神経系
  17. 神経系―分類―末梢神経系―坐骨神経(座骨神経)


関連コンテンツ


現在のカテゴリ:神経系 の位置づけ

現在のカテゴリ:「神経系」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー