脂質異常症 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



脂質異常症

脂質異常症とは

脂質異常症の定義・意味・意義

脂質異常症(ししついじょうしょう)とは、血液中の脂質コレステロール中性脂肪)の濃度が基準の範囲にない(過剰または不足している)状態をいう。

 

脂質異常症の趣旨・的・役割・機能

動脈硬化の危険因子

脂質異常症(高脂血)は、高血高血圧とならび、日本人の3大死因である「がん血管疾患・心疾患」のうち、血管疾患(脳卒中とも。具体的には脳梗塞脳出血、くも膜下出血など)・心疾患心臓病とも。具体的には狭心症、心筋梗塞、心肥大など)といった動脈硬化性疾患を引き起こす大きな原因となる動脈硬化の危険因子である。

 

脂質異常症の診断基準

脂質異常症と診断されるのは、血液検査の次の検査値が1つでもあてはまる場合である。

検査項
診断基準
 分類・種類
LDLコレステロール 140mg/dl以上 高LDLコレステロール血症
HDLコレステロール 40mg/dl未満 低HDLコレステロール血症
中性脂肪 150mg/dl以上 高中性脂肪血症


| 現在のカテゴリ:生活習慣病―脂質異常症 |

現在のカテゴリ:生活習慣病―脂質異常症

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 4 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「生活習慣病―脂質異常症」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 脂質異常症
  2. 脂質異常症―分類―高LDLコレステロール血症
  3. 脂質異常症―分類―低HDLコレステロール血症
  4. 脂質異常症―分類―高中性脂肪血症

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:生活習慣病―脂質異常症 の位置づけ

現在のカテゴリ:「生活習慣病―脂質異常症」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー