発酵―発酵食品 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



発酵―発酵食品

発酵食品とは 【fermented food

発酵食品の定義・意味・意義

発酵食品(はっこうしょくひん)とは、食材を発酵させることにより作り出された食品をいう。

発酵食品の具体例

日本の発酵食品の代表例としては、味噌、しょうゆ、みりん、、漬物(ぬか漬け・高菜漬)、納豆、日本酒甘酒がある。

また、キムチ(韓国)、ザーサイ(中国)や、チーズヨーグルト、ワインなども発酵食品である。

 

発酵食品の趣旨・的・役割・機能

1.消化しやすくなる

生では食べられないものも発酵させることで、消化・吸収のよい食品になる。

2.おいしくなる

発酵の過程で、独特の旨味が加わることで、味に深みが増し、おいしくなる。

 

3.保存性が高まる

発酵させることで、腐敗菌など他の微生物の生育が抑えられるので、保存性がよくなる。

 

4.栄養価が高くなる

発酵の過程でビタミンなどの栄養素が増え、もとの食材より栄養価が大幅に高まる。

 

5.酵素を効率的に摂取できる

植物性食品を発酵させた発酵食品は、デリケートな物質である酵素を効率的に摂取するにも効果的である。

 

6.免疫力を高める働きをする

発酵食品は、免疫力を高める働きをする。

特に、ぬか漬けは免疫力を高める効果が高い。

 



| 現在のカテゴリ:発酵 |

現在のカテゴリ:発酵

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 2 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「発酵」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 発酵
  2. 発酵―発酵食品

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:発酵 の位置づけ

現在のカテゴリ:「発酵」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー