乳製品―チーズ - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。


乳製品―チーズ


チーズとは 【cheese

チーズの定義・意味・意義

チーズとは、牛乳などを乳酸菌酵素で凝固させ、水分を除いて、微生物(細菌・カビ)によって発酵・熟成させた乳製品をいいます。

チーズの分類・種類

チーズは、ナチュラルチーズとそれを加熱処理したプロセスチーズに大別されます。

世界中のチーズの大半はナチュラルチーズですが、日本ではプロセスチーズが一般的です。

チーズのカロリーエネルギー

チーズの種類により異なりますが、日本で昔から親しまれている「雪印 6Pチーズ 120g(6個入り)」では、1個(約20g)当たり65kcalです。

参考元:雪印 6Pチーズ 120g(6個入り)|プロセスチーズ|雪印メグミルク株式会社 http://www.meg-snow.com/products/processed-cheese/18b1a.html

チーズの栄養素・栄養成分(物質)

チーズの特・特徴
主成分はたんぱく質脂質

チーズは牛乳のたんぱく質脂質などが濃縮されて含まれていて栄養価の高い食品です。

チーズに含まれる主な栄養素

たんぱく質

チーズに含まれているたんぱく質は牛乳より消化しやすくなっています。

カルシウム

チーズに含まれているカルシウムも吸収されやすくなっています。

なお、チーズのうちナチュラルチーズの一種のクリームチーズにはカルシウムはあまり含まれていません。

乳酸菌酵素

ナチュラルチーズには乳酸菌酵素が生きたまま含まれていて、腸内でビフィズス菌などの善玉菌を増やすので、整腸作用に優れています。

チーズの保存方法・保管方法

チーズの最低保存温度は2~3度です。

冷蔵庫で保存する場合、冷やしすぎに注意しましょう。




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 7 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「動物性タンパク質―乳製品(乳類)」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 乳製品
  2. 乳製品―クリープ
  3. クリーム(生クリーム)
  4. 乳製品―クリーム(生クリーム)ー栄養
  5. 乳製品―脱脂粉乳(スキムミルク)
  6. 乳製品―脱脂粉乳(スキムミルク)―栄養
  7. 乳製品―チーズ


関連コンテンツ


現在のカテゴリ:動物性タンパク質―乳製品(乳類) の位置づけ

現在のカテゴリ:「動物性タンパク質―乳製品(乳類)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー