ビタミン - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。

ビタミン



ビタミンとは

ビタミンの定義・意味・意義

人間が生きていくうえで必要なエネルギー源になるとともに、体をつくる栄養素は、糖質脂質タンパク質の3つです(3大栄養素)。

ビタミンとは、ミネラルとともに、これらの栄養素の働きを補助して、からだの調子を整える必須栄養素をいいます。

例外はあるのですが、ビタミンのほとんどは体内で生成することができないので、食べ物から摂取する必要があります。

なお、3大栄養素にビタミン・ミネラルを加えたものを5大栄養素といいます。

 

ビタミンとミネラルとの違いは、ビタミンが有機化合物であるのに対して、ミネラルが無機質である点です。

 

ビタミンの分類・種類

からだに不可欠とされるビタミンは、ビタミンAビタミンDビタミンEビタミンKビタミンCビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンの13種類です。

それぞれの食事摂取基準は、厚生労働省により数値化されています。

これらは、その化学的性質から、さらに水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンに分類されます。

また、こうした必須ビタミン以外に、ビタミン様物質と呼ばれる栄養素があります。

脂溶性ビタミン

脂溶性ビタミンとは、油脂アルコールに溶けやすい性質をもったビタミンをいいます。

したがって、とりすぎるとからだに蓄積されるため、過剰症を起こす場合もあります。

 

脂溶性ビタミンには、ビタミンAビタミンDビタミンEビタミンKの4つがあります。

 

水溶性ビタミン

水溶性ビタミンとは、水に溶けやすい性質をもったビタミンをいいます。

したがって、とりすぎても尿などから排泄され、過剰症は起こしません。

ただし、からだに蓄積することができないので、毎日必要な量を摂取する必要があります。

 

水溶性ビタミンには、ビタミンCビタミンB群ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン)があります。

 

ビタミン様物質

ビタミン様物質とは、はたらきはビタミンと似ているのですが、体内で生成されたり、摂取不足であっても欠乏症が起こらない(人間が生きていくうえで必須ではない)などの理由から、ビタミンとは区別されているものをいいます。

 



| 現在のカテゴリ:ビタミン |

現在のカテゴリ:ビタミン

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 18 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「ビタミン」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. ビタミン
  2. ビタミンA
  3. ビタミンA の摂取
  4. ビタミンC
  5. ビタミンC―作用
  6. ビタミンB群
  7. ビタミンB1
  8. ビタミンB1の摂取
  9. ビタミンB群―ビオチン(ビタミンB7・ビタミンH)
  10. ビタミンB群―ビオチン(ビタミンB7・ビタミンH)―摂取
  11. ビタミンB12
  12. ビタミンDとは
  13. ビタミンDの摂取
  14. ビタミンDの検査
  15. ビタミンEとは
  16. ビタミンEの摂取
  17. ビタミンKとは
  18. ビタミンKの摂取


関連コンテンツ


現在のカテゴリ:ビタミン の位置づけ

現在のカテゴリ:「ビタミン」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー