ビタミンKとは - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



ビタミンKとは

ビタミンKとは

ビタミンKの健康によい働き・作用(効果・効能・効力・効用)

カルシウムが排出されるのを防いでを強くする

ビタミンKからカルシウムが排出されるのを防いでを丈夫に保ち、骨粗鬆症を防ぐ作用があります。

ビタミンDとともにじょうぶなくりのために重要です。

 

ビタミンKの性質

脂溶性ビタミン

ビタミンには、ビタミンB群ビタミンCのように、水に溶けやすく、油脂には溶けにくい性質の水溶性ビタミンがあります。

これに対して、ビタミンKはビタミンDと同じく、水に溶けにくく、油脂アルコールには溶ける性質の脂溶性ビタミンです。

しかし、ビタミンDとは異なり、特に過剰症は報告されていません。

ただし、血栓症の人や血液凝固剤は服用している人は、ビタミンKの摂取が制限されています。

 

熱に強い

 

ビタミンKが必要な人・症状

ビタミンKは、特に次のような人や症状に効果的です。

 



| 現在のカテゴリ:ビタミン |

現在のカテゴリ:ビタミン

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 18 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「ビタミン」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. ビタミン
  2. ビタミンA
  3. ビタミンA の摂取
  4. ビタミンC
  5. ビタミンC―作用
  6. ビタミンB群
  7. ビタミンB1
  8. ビタミンB1の摂取
  9. ビタミンB群―ビオチン(ビタミンB7・ビタミンH)
  10. ビタミンB群―ビオチン(ビタミンB7・ビタミンH)―摂取
  11. ビタミンB12
  12. ビタミンDとは
  13. ビタミンDの摂取
  14. ビタミンDの検査
  15. ビタミンEとは
  16. ビタミンEの摂取
  17. ビタミンKとは
  18. ビタミンKの摂取

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:ビタミン の位置づけ

現在のカテゴリ:「ビタミン」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー