[身体]健康と美容: 野菜類

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



野菜類

「野菜類」カテゴリのコンテンツ

野菜類」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 15 ページあります。

  1. 野菜

    野菜とは 【vegetables】 野菜の定義・意味・意義 野菜(やさい)とは、生食または料理して、主に副食用とする草本作物の総称をいう。 参考:岩波書店『広辞苑第六版』 野菜の範囲 豆類・いも類 野...
  2. 緑黄色野菜

    緑黄色野菜とは 【brightly colored vegetables】 緑黄色野菜の定義・意味・意義 緑黄色野菜(りょくおうしょくやさい)とは、一般には緑・黄・赤色など色の濃い野菜の総称をいうが、...
  3. 緑黄色野菜―摂取

    緑黄色野菜の摂取 緑黄色野菜の摂取量 目標量 1日120g以上 厚生労働省が2000年(平成12年)に策定した「健康日本21」では、野菜摂取の目標量を「1日350g以上、そのうち緑黄色野菜を120g以...
  4. 緑黄色野菜―具体例―ニンジン(人参・にんじん)

    (複製)ニンジンとは 【carrot】 ニンジンの分類・種類 ニンジンには、濃赤色で細長い東洋種とオレンジ色でクセがなく甘みの強い西洋種とがある。 なお、現在は西洋種が主流となっている。 ニンジンの経緯・沿革...
  5. 緑黄色野菜―具体例―ブロッコリー

    ブロッコリーとは ブロッコリーの定義・意味・意義 ブロッコリーとは、キャベツの変種で、アブラナ科の緑黄色野菜をいう。 なお、カリフラワーはブロッコリーの変種である。 ブロッコリーの経緯・沿革・由来・歴...
  6. 緑黄色野菜―具体例―ブロッコリー―摂取―摂取方法

    ブロッコリーの摂取方法 ブロッコリーの旬 11~3月。 ただし、アメリカや中国からの輸入物が出回っているので、年間を通して摂取できる。 ブロッコリーの効果的な料理・調理・食事法等 茎の部分 ブロッコリ...
  7. 緑黄色野菜―具体例―ブロッコリー―保存

    ブロッコリーの保存 ブロッコリーの保存方法 ブロッコリーは常温ではすぐに花が開いてしまう。 しかし、花が開いたものは味も栄養価も落ちる。 そこで、ブロッコリーは、花が開く前に、丸ごと(→ブロッコリーの...
  8. 緑黄色野菜―具体例―高菜

    高菜とは 高菜の定義・意味・意義 高菜(たかな)とは、カラシナ(和辛子の原料となる)の仲間で、アブラナ科の辛味のある緑黄色野菜をいう。 温暖な気候に適し、おもに西日本で栽培されるが、東北に伝わって土着...
  9. 緑黄色野菜―具体例―高菜ー高菜漬

    高菜漬とは 高菜漬の定義・意味・意義 高菜漬(たかなづけ)とは、高菜を塩漬けにして乳酸発酵させた発酵食品をいう。 高菜漬の趣旨・目的・役割・機能 日本の三大漬け菜 高菜漬は特に九州の特産漬物として知ら...
  10. 淡色野菜

    淡色野菜とは 【light-colored vegetable】 淡色野菜の定義・意味・意義 淡色野菜(たんしょくやさい)とは、厚生労働省の基準で、緑黄色野菜以外、すなわち、原則として可食部100g当...
  11. 淡色野菜―具体例―キャベツ

    キャベツとは 【cabbage】 キャベツの経緯・沿革・由来・歴史など キャベツは、ギリシア時代には薬として、そして、ローマ時代には保健食として食べられていた野菜という。 日本へは、キャベツは江戸時代...
  12. 淡色野菜―具体例―キャベツ―摂取方法

    キャベツの摂取方法 キャベツの効果的な料理・調理・食事法等 生食 キャベツに含まれるビタミンCやビタミンUは水溶性で熱に弱いため、これらの栄養素を摂取したい場合は、生食で摂取するのがもっとも効果的であ...
  13. 緑黄色野菜・淡色野菜―ネギ(ねぎ)

    ネギとは ネギの分類・種類 白ネギと青ネギ ネギは、大別すると、白ネギ(長ネギ・太ネギ・根深ネギ)と、小ネギ・万能ねぎなどの青ネギ(葉ネギ)の2種類がある。 関東では白ネギが、関西では青ネギが好まれて...
  14. 緑黄色野菜・淡色野菜―ネギ(ねぎ)―栄養

    ネギの栄養 ネギのカロリー(エネルギー) 白ネギ(長ネギ・太ネギ・根深ネギ)100gで28kcal青ネギ(葉ネギ)100gで31kcal 食品成分データベース http://fooddb.mext.g...
  15. 緑黄色野菜・淡色野菜―ネギ(ねぎ)―摂取

    ネギの摂取 ネギの摂取方法 効果的な料理・調理・食事法等 白ネギ(長ネギ・太ネギ・根深ネギ) 白ネギの白い部分に含まれる薬効成分のアリシンは揮発性である。 そのため、ネギは切り置きはしない。 また、ア...



関連コンテンツ


「野菜類」の位置づけ

現在のカテゴリ:「野菜類」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー