代謝―分類―異化―具体例―発酵 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



代謝―分類―異化―具体例―発酵

発酵とは 【fermentation

発酵の定義・意味・意義

発酵(はっこう)とは、菌(麹菌や乳酸菌など)や酵母などの微生物の働きにより、有機物からヒトにとってより有用な物質(→発酵食品)を作り出すことをいう。

発酵と関係・関連する概念

反対概念
腐敗

発酵とは逆に、ヒトにとって好ましくない物質が作り出されることを腐敗という。

 

発酵の分類・種類

発酵は、作り出される物質によって、次のように分類される。

  1. アルコール発酵
  2. 乳酸発酵
  3. 酸発酵

 




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 12 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「能力1―物質・エネルギー変換能力(代謝)」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 代謝
  2. 代謝―①物質代謝(物質交代・新陳代謝)
  3. 代謝―②エネルギー代謝
  4. 代謝―②エネルギー代謝―基礎代謝量(基礎代謝)
  5. 代謝―②エネルギー代謝―基礎代謝―基礎代謝基準値
  6. 代謝―③仮説―精神代謝
  7. 代謝―分類―同化
  8. 代謝―分類―異化―具体例―発酵
  9. 代謝―分類―異化―具体例―発酵―発酵の種類―乳酸発酵
  10. 代謝―具体例―糖代謝
  11. 代謝を支えるもの―酵素
  12. 代謝を支えるもの―酵素―酵素の摂取

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:能力1―物質・エネルギー変換能力(代謝) の位置づけ

現在のカテゴリ:「能力1―物質・エネルギー変換能力(代謝)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー