代謝―③仮説―精神代謝 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



代謝―③仮説―精神代謝

精神代謝とは

精神代謝の定義・意味・意義

精神代謝とは、通常の代謝である物質の代謝物質代謝)とエネルギー代謝エネルギー代謝)に加えて、精神も代謝としてとらえた新しい概念をいいます。

参考元:週刊がん もっといい日 http://www.gekkan-gan.co.jp/index08.12.12.htm#1

精神代謝の分類・種類

精神代謝には、次の2つの種類があるとされています。

  1. 生物学的精神代謝…ホルモン神経伝達物質を材料として無意識下で行われる代謝
  2. 社会的精神代謝…言語などによる情報や知識を材料として意識下で行われる代謝

精神代謝の趣旨・的・役割・機能

精神・心はという臓器のはたらきによって発生したものです。

そして、も他の臓器と同じく必要な栄養素がないと機能できません。

精神代謝という新しい概念が提唱された趣旨は、この点に着をして、精神・心の問題(たとえば不安など)をすべて「心理的な症候群」として片付けるのではなく、特定の栄養素が不足している(たとえば低血糖症。不安は低血糖でも起こる)可能性も考慮する点にあるとも解されます。

参考元:生田哲 『心の病は食事で治す』 PHP新書




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 12 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「能力1―物質・エネルギー変換能力(代謝)」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 代謝
  2. 代謝―①物質代謝(物質交代・新陳代謝)
  3. 代謝―②エネルギー代謝
  4. 代謝―②エネルギー代謝―基礎代謝量(基礎代謝)
  5. 代謝―②エネルギー代謝―基礎代謝―基礎代謝基準値
  6. 代謝―③仮説―精神代謝
  7. 代謝―分類―同化
  8. 代謝―分類―異化―具体例―発酵
  9. 代謝―分類―異化―具体例―発酵―発酵の種類―乳酸発酵
  10. 代謝―具体例―糖代謝
  11. 代謝を支えるもの―酵素
  12. 代謝を支えるもの―酵素―酵素の摂取

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:能力1―物質・エネルギー変換能力(代謝) の位置づけ

現在のカテゴリ:「能力1―物質・エネルギー変換能力(代謝)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー