ナトリウム(食塩) - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



ナトリウム(食塩)

ナトリウムとは(食塩とは)

ナトリウム・食塩の意味・定義など(ナトリウムと食塩との違い)

高校の化学の授業で習うように、食塩とは、ナトリウムイオンと塩素イオンとが結合した「塩化ナトリウム(NaCl)」のことをいいます。

ナトリウムは、この食塩のかたちで体内に摂取されることがほとんどです。

そのため、『食品成分表』では、食品に含まれるナトリウムの量を食塩の量に換算(=食塩相当量)して掲載しています。

食塩相当量(g)=ナトリウム(g)×2.54

ナトリウムの効用・効果・働き・機能・生理作用

ナトリウムは、過剰に摂取すると、高血圧や胃ガンの原因になるということで、「減塩」が強調されがちですが、人間にとって不可欠な必須ミネラルの一つです。

また、「塩味」は基本的な味(人の基本的な味覚)の一つで、料理のおいしさを左右します。



| 現在のカテゴリ:ミネラル |

現在のカテゴリ:ミネラル

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 13 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「ミネラル」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. カルシウム
  2. ナトリウム(食塩)
  3. ナトリウム(食塩)―摂取―摂取量―制限論(通説・定説)
  4. ナトリウム(食塩)―摂取―摂取量―非制限論
  5. ナトリウム(食塩)―摂取―摂取方法―食生活への取り入れ方―減塩
  6. 亜鉛
  7. 亜鉛―作用―味覚を正常に保つ機能
  8. 亜鉛―作用―皮膚や粘膜を正常に維持する機能
  9. 亜鉛―摂取
  10. 亜鉛―摂取―摂取方法
  11. ヨウ素
  12. マグネシウム
  13. マグネシウム―摂取

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:ミネラル の位置づけ

現在のカテゴリ:「ミネラル」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー