肝臓の検査―ALP - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



肝臓の検査―ALP

ALPとは

ALPの定義・意味・意義

ALPとは、肝臓内の胆管でつくられる酵素のひとつです。

 

ALPの検査の趣旨・的・役割・機能

ALPは、肝臓、胆道(肝臓から十二指腸までの胆汁の流れる経路)、の状態を調べるための検査項です。

1.肝臓の状態を調べる

ALPの高値は、肝機能の低下を示します。

アルコール性肝障害が慢性化して肝硬変になった場合、γ-GTPがあまり高くならず、ALPが著しく高くなることがあります。

 

2.胆道の状態を調べる

γ-GTPと同様、胆道が障害され、胆汁の流れが悪くなる「胆汁うっ滞」(胆汁の排泄障害)があると、ALPの値が高くなります。

 

3.の状態を調べる

ALPは、や腸などにも存在するので、これらが障害された場合にもALPが血液中に出てきて、その値が高くなります。

ほかの肝機能検査で異常がなく、ALPが高値の場合は、の病気の可能性があります。

また、ALPは、女性の更年期でも高くなる場合もあります。

 

ALPの位置づけ・体系

健康診断で、肝機能の状態を調べるための一般的な血液検査の項には、ALPも含めて次のようなものがあります。

  1. GOT
  2. GPT
  3. γ-GTP
  4. ALP
  5. 総ビリルビン
  6. 血清総たんぱく

 

検査数値の結果の見方・読み方・解釈の仕方

基準値

80~260IU/L

基準値は、検査機関により異なります。

 



| 現在のカテゴリ:血液検査―肝機能検査 |

現在のカテゴリ:血液検査―肝機能検査

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 15 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「血液検査―肝機能検査」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 肝臓の検査―GOT(AST)
  2. 肝臓の検査―GPT(ALT)
  3. 肝臓の検査―γ-GTP(γ-GT)
  4. 肝臓の検査―ALP
  5. 肝臓の検査―総ビリルビン
  6. 肝臓の検査―間接ビリルビン
  7. 肝臓の検査―直接ビリルビン
  8. 肝臓の検査―総蛋白(血清総たんぱく・血清総タンパク)
  9. 肝臓の検査―アルブミン
  10. 肝臓の検査―総コレステロール値
  11. 肝臓の検査―肝炎ウイルス検査
  12. 肝臓の検査―肝炎ウイルス検査―B型肝炎ウイルス検査
  13. 肝臓の検査―肝炎ウイルス検査―B型肝炎ウイルス検査―HBs抗原
  14. 肝臓の検査―肝炎ウイルス検査―C型肝炎ウイルス検査
  15. 肝臓の検査―肝炎ウイルス検査―C型肝炎ウイルス検査―HCV抗体

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:血液検査―肝機能検査 の位置づけ

現在のカテゴリ:「血液検査―肝機能検査」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー