肝臓の検査―直接ビリルビン - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



肝臓の検査―直接ビリルビン

直接ビリルビンとは

直接ビリルビンの定義・意味・意義

赤血球とその赤い素であるヘモグロビンには寿命があり、120日ほどで脾臓などで壊れます。

このときにできる、ヘモグロビンが変化した黄素のことをビリルビンといいます。

ビリルビンはきわめて毒性が高いので、血液肝臓に運ばれ、肝臓で処理をされ、無毒化されたます。

その後、胆汁の成分となって胆道を通り、十二指腸に排出されます。

この肝臓で処理された後のビリルビンを直接ビリルビンといいます。

処理される前のビリルビンを間接ビリルビンといい、間接ビリルビンと直接ビリルビンを合わせたものを総ビリルビンといいます。

直接ビリルビンを調べる趣旨・

直接ビリルビンは、肝臓と胆道(肝臓から十二指腸までの胆汁の流れる経路をいい、胆のうと胆管を合わせて胆道といいます)の状態や黄疸(おうだん)の程度を調べるための検査項です。

検査数値の結果の見方・読み方・解釈の仕方

肝臓の状態を調べる

直接ビリルビンの高値は、急性肝炎アルコール性脂肪肝炎アルコール性肝炎)、肝硬変などによる肝機能障害が疑われます。

胆道の状態を調べる

直接ビリルビンの高値は、胆道の病気が疑われます。

基準値

0.0~0.4mg/dl

基準値は、検査機関により異なります。

関連検査項



| 現在のカテゴリ:血液検査―肝機能検査 |

現在のカテゴリ:血液検査―肝機能検査

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 15 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「血液検査―肝機能検査」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 肝臓の検査―GOT(AST)
  2. 肝臓の検査―GPT(ALT)
  3. 肝臓の検査―γ-GTP(γ-GT)
  4. 肝臓の検査―ALP
  5. 肝臓の検査―総ビリルビン
  6. 肝臓の検査―間接ビリルビン
  7. 肝臓の検査―直接ビリルビン
  8. 肝臓の検査―総蛋白(血清総たんぱく・血清総タンパク)
  9. 肝臓の検査―アルブミン
  10. 肝臓の検査―総コレステロール値
  11. 肝臓の検査―肝炎ウイルス検査
  12. 肝臓の検査―肝炎ウイルス検査―B型肝炎ウイルス検査
  13. 肝臓の検査―肝炎ウイルス検査―B型肝炎ウイルス検査―HBs抗原
  14. 肝臓の検査―肝炎ウイルス検査―C型肝炎ウイルス検査
  15. 肝臓の検査―肝炎ウイルス検査―C型肝炎ウイルス検査―HCV抗体

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:血液検査―肝機能検査 の位置づけ

現在のカテゴリ:「血液検査―肝機能検査」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー