肝臓の検査―総蛋白(血清総たんぱく・血清総タンパク) - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



肝臓の検査―総蛋白(血清総たんぱく・血清総タンパク)

(" 栄養状態の検査―血液検査―総蛋白(血清総たんぱく・血清総タンパク) "から複製)

総蛋白とは

総蛋白の定義・意味・意義

総蛋白とは、血清に含まれている100以上のタンパク質の総量です。

その主なものは、アルブミンとグロブリンです。

総蛋白の別名・別称・通称など

総蛋白は、血清総たんぱく血清総タンパク)とも呼ばれています。

TPと略称されます。

総蛋白を調べる趣旨・

栄養状態

総蛋白を調べることで、栄養状態がわかります。

肝臓腎臓の異常

蛋白は肝臓で合成されて、腎臓でろ過されますので、肝臓腎臓の異常がないかを調べるときにも総蛋白を調べます。

基準値

6.8~8.3g/dl

基準値は、検査機関により異なります。

検査数値の結果の見方・読み方・解釈の仕方

基準値より低い場合

栄養不良の場合、総蛋白の値は低くなります。

また、総蛋白は、肝臓で合成、腎臓でろ過が十分になされないと低下します。

つまり、肝臓病によるたんぱく合成能力の低下、消化吸収障害(栄養不足・栄養不良)などがあると、総蛋白の値が低くなります。

また、腎臓病で尿に多量のたんぱくが出ている場合も、総蛋白の値が低くなります。

基準値より高い場合

慢性感染症、膠原病(こうげんびょう)、多発性髄腫(こつずいしゅ)などの疑いがあります。



| 現在のカテゴリ:血液検査―肝機能検査 |

現在のカテゴリ:血液検査―肝機能検査

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 15 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「血液検査―肝機能検査」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 肝臓の検査―GOT(AST)
  2. 肝臓の検査―GPT(ALT)
  3. 肝臓の検査―γ-GTP(γ-GT)
  4. 肝臓の検査―ALP
  5. 肝臓の検査―総ビリルビン
  6. 肝臓の検査―間接ビリルビン
  7. 肝臓の検査―直接ビリルビン
  8. 肝臓の検査―総蛋白(血清総たんぱく・血清総タンパク)
  9. 肝臓の検査―アルブミン
  10. 肝臓の検査―総コレステロール値
  11. 肝臓の検査―肝炎ウイルス検査
  12. 肝臓の検査―肝炎ウイルス検査―B型肝炎ウイルス検査
  13. 肝臓の検査―肝炎ウイルス検査―B型肝炎ウイルス検査―HBs抗原
  14. 肝臓の検査―肝炎ウイルス検査―C型肝炎ウイルス検査
  15. 肝臓の検査―肝炎ウイルス検査―C型肝炎ウイルス検査―HCV抗体

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:血液検査―肝機能検査 の位置づけ

現在のカテゴリ:「血液検査―肝機能検査」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー