保湿成分とは - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



保湿成分とは

保湿成分とは

保湿成分の意味・定義など

質は、に含まれる水分と脂分(皮脂)の量とバランスで決まります。

質は、次の4つに大別されています。

  1. 普通肌ノーマル肌
  2. 乾燥肌ドライ肌
  3. オイリー肌脂性肌
  4. 混合

保湿成分とは、このうち、水分を維持してくれる成分をいいます。

角質層が、自分自身で保湿成分(主にセラミド)を作り出しています。

人間の自体に、もともとこの保湿成分があるわけです。

健康な角質層には、約30%ほどの水分を含まれています。

これが30%以下になったのが乾燥肌です。

したがって、湿度が30%以下になると、角質層から水分が蒸発しやすくなります。

水分が蒸発すると、敏感肌をはじめとして、さまざまなトラブルを招きます。

しかし、保湿成分が十分にあれば、水分は蒸発しません。

保湿成分の位置づけ

保湿成分は、美容成分美肌成分の一つです。

美容成分には、例えば、他に次のようなものがあります。

  • 美白成分
  • アンチエイジング成分
  • 紫外線防止成分

保湿成分の具体例

保湿成分には、たとえば、次のようなものがあります。

保湿成分の摂取

保湿成分は、化粧水乳液美容液クリームなどの基礎化粧品で、外部から取り入れることもできます。

なお、保湿成分は、化粧水よりは、美容液クリームなどに多く配合されています。



| 現在のカテゴリ:基礎化粧品―成分―美容成分 |

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 2 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「基礎化粧品―成分―美容成分」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 美容成分(美肌成分)とは
  2. 保湿成分とは

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:基礎化粧品―成分―美容成分 の位置づけ

現在のカテゴリ:「基礎化粧品―成分―美容成分」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー