アリシン - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



アリシン

アリシンとは

アリシンの定義・意味

アリシンとは、玉ねぎねぎニンニクを切ったときに出る独特の刺激臭や辛味の成分です。

 

アリシンの位置づけ・体系(上位概念)

硫化アリル

アリシンは、抗酸化作用にすぐれ、血液をサラサラにしてくれるイオウ化合物(硫化アリル)の一種です。

  

アリシンの効用・働き・機能・生理作用

アリシンの特徴・特

アリシンは薬効成分で、次のようなはたらきがあります。

抗酸化作用による生活習慣病老化がんガン)予防機能

アリシンは、その強力な抗酸化作用により、有害な活性酸素を除去・消去してくれるため、生活習慣病の予防・老化防止・がんガン)予防にも高い効果があります。

アメリカ国立がん研究所では、アリシンを豊富に含むニンニクを、食品中、もっともガン予防効果のある食品としてあげています。

 

ドロドロ血液をサラサラ血液にし生活習慣病を予防する機能

アリシンは、血小板の凝固を抑制して、動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中脳梗塞脳出血、クモ膜下出血)の原因となるような大きな血栓の発生を防いでくれます。

また、血液中の脂質を減らし、血液をサラサラにする効果があります。

その結果、尿病、高血圧の予防にも有効です。

 

血行をよくしてからだを温める作用

アリシンには、血行を促進してからだを温める作用があります。

 

殺菌(抗菌)作用・免疫力増強作用

アリシンは、強力な殺菌・抗菌力があり、これにより免疫機能を高める作用があります。

 

疲労回復効果のあるビタミンB1の吸収を高める作用

アリシンは、疲労回復効果のあるビタミンB1と結合するとアリチアミンとなって、ビタミンB1の消化吸収を高める作用があります。

毎日、アリシンを含む食品をとると、疲れにくくなり、スタミナがついてきます。

 

食欲増進作用・消化機能向上作用

アリシンは、消化液の分泌を高めて、食欲を増進させたり、消化機能を高める作用があります。

 

アリシンの性質

アリシンは揮発性です。

また、水に溶け(水溶性)、熱に弱いという性質があります。

 

 

アリシンが必要な人・症状

アリシンは、特に次のような人や症状に効果的です。

 



| 現在のカテゴリ:イオウ化合物 |

現在のカテゴリ:イオウ化合物

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 1 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「イオウ化合物」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. アリシン

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:イオウ化合物 の位置づけ

現在のカテゴリ:「イオウ化合物」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー