豆類―大豆製品―味噌―味噌汁 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



豆類―大豆製品―味噌―味噌汁

味噌汁とは 【miso soup

味噌汁の趣旨・的・役割・機能

尿病予防効果

味噌汁や豆腐・納豆・油揚げなどの大豆製品の摂取は、血中アディポネクチン値を上昇させるとの報告があり、大豆製品尿病予防効果が期待されている。

2014年5月日本尿病学会での調査報告

山形大学の和田輝里子氏らが日本尿病学会で発表した、味噌汁の毎食摂取と糖代謝関連の検査値との関連に関する調査報告によると、味噌汁を1日に3杯以上摂取している群は、2杯以下の群に比べて有意に空腹時血が低く、血中アディポネクチン値が高かったという。

なお、味噌汁の摂取回数が多いと塩分の摂取量が多くなり、血圧が上がるリスクもあるが、味噌汁を1日に3杯以上摂取している群と2杯以下の群とで血圧に有意差は認められなかったという。

調査結果から、和田氏らは、「味噌汁を毎食摂取すると、尿病予防に有効である可能性が示唆された」とまとめた。

味噌汁の毎食摂取が尿病予防に有効:日経メディカル http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/mem/pub/gakkai/jds2014/201405/536561.html



| 現在のカテゴリ:主食―穀物―豆類 |

現在のカテゴリ:主食―穀物―豆類

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 5 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「主食―穀物―豆類」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 豆類
  2. 豆類―大豆
  3. 豆類―大豆製品
  4. 豆類―大豆製品―味噌―味噌汁
  5. 豆類―いんげん豆(インゲン豆・インゲンマメ)

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:主食―穀物―豆類 の位置づけ

現在のカテゴリ:「主食―穀物―豆類」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー