豆類―大豆 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



豆類―大豆

大豆とは 【soybean

大豆の位置づけ・体系(上位概念)

豆類・穀物・野菜

大豆は、日本食品標準成分表では、豆類に分類され、野菜類とは区別されている。

ただし、主食とまではなっていないが、広義では穀物に含まれる。

また、野菜(枝豆)としても栽培される。

大豆の栄養

大豆のカロリーエネルギー

国産大豆(乾燥)100gで417kcal

食品成分データベース http://fooddb.mext.go.jp/index.pl

大豆の栄養素・栄養成分(物質)

大豆に含まれる主な栄養素・栄養成分は次のとおりである。

良質なタンパク質の供給源

大豆は植物のなかでは唯一に匹敵するだけのタンパク質を含有する。

国産大豆(乾燥)100gで35.3gのタンパク質を含む。

文部科学省「食品成分データベース」 http://fooddb.mext.go.jp/index.pl

畑の

大豆はタンパク質を豊富に含み、「畑の」とも呼ばれる。

植物タンパク質

しかも、大豆は植物タンパク質であり、よりも脂質が少なく、コレステロールはまったく含んでいない。

したがって、低カロリーである。

よって、脂質異常症動脈硬化)の予防には有効である。

炭水化物

国産大豆(乾燥)100g中28.2g

食品成分データベース http://fooddb.mext.go.jp/index.pl

グリセミックインデックスGIグリセミック指数

大豆のGIは30で、低GI食品低GI値食品)である。

カルシウム

その他
レシチン

大豆に含まれるレシチン大豆レシチン)は血管壁にこびりついたLDLコレステロール悪玉コレステロール)や中性脂肪を洗い流すなどの作用がある。

オリゴ糖

オリゴ糖ビフィズス菌を増殖させる作用がある。

サポニン

イソフラボン

大豆にはイソフラボンという女性ホルモンのような作用がある成分も含まれる。

この大豆イソフラボンは、たとえば骨粗しょう症、乳がん、前立がん等の予防効果が期待されている。

ただし、他方、乳がん発症や再発のリスクを高める可能性も指摘されている。

しかし、日本人は、味噌、豆腐、納豆、煮豆などの伝統的な大豆食品について、日常の食生活における長い食経験があり、これらの大豆食品を食べることによる大豆イソフラボンの健康への有害な影響は、現時点(2012年(平成24年))では確認されていない。

農林水産省/大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A http://www.maff.go.jp/j/syouan/nouan/kome/k_daizu_qa/#b8



| 現在のカテゴリ:主食―穀物―豆類 |

現在のカテゴリ:主食―穀物―豆類

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 5 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「主食―穀物―豆類」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 豆類
  2. 豆類―大豆
  3. 豆類―大豆製品
  4. 豆類―大豆製品―味噌―味噌汁
  5. 豆類―いんげん豆(インゲン豆・インゲンマメ)

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:主食―穀物―豆類 の位置づけ

現在のカテゴリ:「主食―穀物―豆類」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー