肉―豚肉(ブタ肉・ぶた肉) - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



肉―豚肉(ブタ肉・ぶた肉)

豚肉とは 【pork

豚肉の位置づけ・体系(上位概念)

動物性タンパク質

豚肉の経緯・沿革・由来・歴史など

日本では、豚肉は、明治時代中頃から一般に普及した。

沖縄では、中国の影響から14世紀頃には豚肉を食べるという食文化があったようで、沖縄に長生きの人が多いのは、豚肉と昆布をよく食べるからである、とよくいわれている。

 

豚肉の栄養

豚肉のカロリーエネルギー

豚肉100gあたりのカロリーは次のとおり。

  • ・脂身つき・生...216kcal
  • ロース・脂身つき・生…253kcal
  • ロース・脂身つき・生…263kcal
  • ばら・脂身つき・生…386kcal
  • もも・脂身つき・生…183kcal

文部科学省「食品成分データベース」 http://fooddb.mext.go.jp/index.pl

豚肉の栄養素・栄養成分(物質)

良質タンパク質の供給源・補給源

豚肉は良質な(必須アミノ酸がバランスよく含まれている)タンパク質を豊富に含む。

ただし、部位・種類(赤か脂身か)によってタンパク質の含有量は異なる(赤の部分(赤身)には多く含まれるが、脂身の部分では少なくなる)。

たとえば、「・赤・生」は20.9g(100gあたり)、「・脂身つき・生」は18.5g(同上)のタンパク質を含むが、「・脂身・生」では5.3g(同上)となる。

アミノ酸スコア

豚肉のアミノ酸スコアは100である。

ビタミン
ビタミンB1の供給源・補給源

豚肉はビタミンB1が豊富なので、疲労回復効果などが高いビタミンB1の補給源として適している。

の約10倍含んでいる。

 

ミネラル
亜鉛

亜鉛は、牛・豚など赤身のに含まれる。



| 現在のカテゴリ:動物性タンパク質―肉類 |

現在のカテゴリ:動物性タンパク質―肉類

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 3 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「動物性タンパク質―肉類」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 肉―豚肉(ブタ肉・ぶた肉)
  2. 肉―豚肉(ぶた肉 ブタ肉)―摂取

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:動物性タンパク質―肉類 の位置づけ

現在のカテゴリ:「動物性タンパク質―肉類」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー