肉―豚肉(ぶた肉 ブタ肉)―摂取 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



肉―豚肉(ぶた肉 ブタ肉)―摂取

豚肉の摂取

豚肉の摂取方法

豚肉の効果的な料理・調理・食事法等
ネギ、玉ねぎ、ニラやにんにくといっしょに摂る

ネギ、玉ねぎ、ニラやにんにくに含まれるアリシンには、豚肉に豊富に含まれる、疲労回復効果の高いビタミンB1の消化吸収を高める作用があります。

疲れているときには、豚ニラや、ネギチャーシューなどが効果的ということです。

 

鍋物か炒め物にする

ビタミンB1は水に溶けやすいので、たとえば、豚汁や豚キャベツ鍋のような汁物・鍋物にして煮汁ごと食べられる料理法が栄養学的にはお勧めです。

あるいは、炒め物にしてもビタミンB1の損失を抑えることができます。

 

やレモンなどといっしょに摂る

豚肉ビタミンB1を豊富に含むので、疲労回復効果の高い食材の代表例です。

ただし、を食べ過ぎると、ピルビン酸が増え、体内の水素と結びついて疲労物質である乳酸が体内に蓄積していきます。

しかし、このピルビン酸もクエン酸といっしょに摂ることで、今度はエネルギー補給に欠かせない成分となってくれます。

そこで、料理にはクエン酸を多く含むやレモンなどを組み合わせましょう。

たとえば、豚など。

 



| 現在のカテゴリ:動物性タンパク質―肉類 |

現在のカテゴリ:動物性タンパク質―肉類

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 3 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「動物性タンパク質―肉類」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 肉―豚肉(ブタ肉・ぶた肉)
  2. 肉―豚肉(ぶた肉 ブタ肉)―摂取

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:動物性タンパク質―肉類 の位置づけ

現在のカテゴリ:「動物性タンパク質―肉類」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー