いも類(芋類) - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



いも類(芋類)

いも類とは

いも類の定義・意味・意義

いも類とは、日本食品標準成分表(文部科学省)の食品郡のひとつで、さつまいも、サトイモ(里芋)、ジャガイモ馬鈴薯)などをいう。

いも類の具体例

いも類の趣旨・的・役割・機能

主食として炭水化物の供給源・エネルギー源

いも類はデンプン多糖類の一種)などの糖質炭水化物)を豊富に含む。

そのため、いも類は穀物とともに主食として、ヒトの主要なエネルギー源となる。

いも類の位置づけ・体系(上位概念)

野菜

いも類は日本食品標準成分表(栄養学上)では野菜類とは区別されているが、一般的には野菜として取り扱われる。



| 現在のカテゴリ:主食―いも類(芋類) |

現在のカテゴリ:主食―いも類(芋類)

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 3 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「主食―いも類(芋類)」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. いも類(芋類)
  2. いも類―ジャガイモ(じゃがいも・馬鈴薯)
  3. いも類―ジャガイモ(じゃがいも・馬鈴薯)―栄養

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:主食―いも類(芋類) の位置づけ

現在のカテゴリ:「主食―いも類(芋類)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー