[身体]健康と美容: か行

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



か行

「か行」カテゴリのコンテンツ

か行」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 21 ページあります。

  1. カシス

    カシスとは カシスの意味・定義など カシスとは、ベリー類の赤紫の果実です。 ブルーベリーと似ていますが、ブルーベリーとは別種類の植物です。 カシスの使い方・利用方法・摂取方法 カシスは、古くから食用と...
  2. 果物(フルーツ)

    果物(フルーツ)の健康によい主な効用・働き・機能・生理作用 果物には、ビタミンCや食物繊維といった、健康と美容のために有効な栄養が豊富に含まれています。 また、ビタミンCや食物繊維以外にも、いろいろな...
  3. キャベツ

    (複製)キャベツとは 【cabbage】 キャベツの経緯・沿革・由来・歴史など キャベツは、ギリシア時代には薬として、そして、ローマ時代には保健食として食べられていた野菜という。 日本へは、キャベツは江戸時代...
  4. キャベツ―摂取方法

    (複製)キャベツの摂取方法 キャベツの効果的な料理・調理・食事法等 生食 キャベツに含まれるビタミンCやビタミンUは水溶性で熱に弱いため、これらの栄養素を摂取したい場合は、生食で摂取するのがもっとも効果的であ...
  5. 栗(クリ・くり)

    栗とは 【chestnut】 栗の位置づけ・体系 ナッツ 栗は、ピーナッツ、くるみ、銀杏(ギンナン)などと同じ、ナッツ(食用の木の実。nut の日本語形)の一種です。 栗のカロリー(エネルギー) 生の...
  6. クリープ

    (複製)クリープとは 【Creap】 クリープの定義・意味・意義 クリープとは、森永乳業が製造・販売するクリーミングパウダー(コーヒーに入れるクリームパウダー(粉末状のクリーム))をいう。 クリープの趣旨・目...
  7. クリーム

    (複製)クリームとは 【cream】 クリームの定義・意味・意義 牛乳の脂肪分は3~4%であるが、搾りたてをそのまま静置しておくと、脂肪分がしだいに上部に浮上してくる。これをクリーム層という。 小学館『日本大...
  8. クリームー栄養

    (複製)クリームの栄養 クリームのカロリー(エネルギー) 100gで433kcal 文部科学省「食品成分データベース」 http://fooddb.mext.go.jp/index.pl クリームの栄養素・栄...
  9. くるみ(クルミ)

    (複製)くるみとは 【walnut】 くるみのカロリー(エネルギー) くるみはナッツ類の中でも栄養価が高く、カロリーは高めです。 10g(むき身だけをパック詰めしたものの3~5片)で約67kcalほどになりま...
  10. 黒酢(広義)

    (複製)黒酢とは 【black vinegar】 黒酢の定義・意味・意義 黒酢(くろず)とは、玄米(精白していない米)または大麦を(主)原料として、発酵・熟成によつて褐色または黒褐色に着色した穀物酢をいう。 ...
  11. 桂皮

    (複製)シナモンとは 【cinnamon】 シナモンの定義・意味・意義 シナモンとは、熱帯に生育するニッケイの樹皮を干した香辛料・健胃薬です。   シナモンの別名・別称・通称など 桂皮 生薬として用いられると...
  12. 玄米

    (複製)玄米とは 【unpolished rice; brown rice】 玄米の定義・意味・意義 玄米(げんまい)とは、稲の果実である籾(もみ)から籾殻(もみがら。一番外側の外皮)だけを除いた(脱穀した)...
  13. 玄米―栄養

    (複製)玄米の栄養 玄米の摂取と精白米の摂取とでは、1日のエネルギー摂取量と三大栄養素の割合(炭水化物割合・脂質割合・タンパク質割合)については、そのいずれもが有意な変化はなかった、という調査報告がある。 玄...
  14. コーヒー

    コーヒーの趣旨・目的・役割・機能 便秘解消効果 コーヒーを飲む習慣と排便回数の関係の研究で、コーヒーを飲んだ方が排便回数が多いという研究結果がある。 コーヒーは、排便を促し、便秘の解消に役立つ。   ...
  15. 米黒酢(狭義の黒酢)

    (複製)米黒酢とは 米黒酢の定義・意味・意義 米黒酢(こめくろず)とは、玄米(精白していない米)を(主)原料として、発酵・熟成によつて褐色または黒褐色に着色した穀物酢をいう。 穀物酢のうち、原材料として米(玄...
  16. ゴマ(胡麻・ごま)

    (複製)ゴマとは 【sesame】 ゴマの分類・種類 ゴマは、その種皮の色により、次の3つに大別される。 黒胡麻(黒ゴマ)茶胡麻(茶ゴマ)白胡麻(白ゴマ)…含まれる脂質の割合がもっとも多い ゴマの位置づけ・体...
  17. ゴマ(胡麻・ごま)―栄養

    (複製)ゴマの栄養 ゴマのカロリー(エネルギー) ゴマ(いりごま)10g(大さじ約1強)で59.9kcal 食品成分データベース http://fooddb.mext.go.jp/index.pl ゴマの栄養...
  18. ゴマ(胡麻・ごま)―摂取

    (複製)ゴマの摂取 ゴマの摂取量 1日の摂取量の目安 10g ゴマを1日にどのくらい食べればよいという明確な基準はない。 ただし、ゴマを中心とした食品製造会社の株式会社真誠(しんせい)のホームページでは、ゴマ...
  19. 小麦粉(うどん粉・メリケン粉)

    (複製)小麦粉とは、小麦の種子・実をすりつぶして粉にした(製粉した)ものをいい、パン類、うどん・ラーメン・パスタといった麺類、ビスケット・ケーキといったお菓子類など、主食やさまざまな食品の原料・材料となる。うどん粉・メリケン粉ともいう。炭水化物(高GI食品)のほか、タンパク質(アミノ酸スコアは低い)も含まれる。
  20. こんにゃく

    こんにゃくとは こんにゃくの特徴・特色 低カロリー食品 こんにゃくは、低カロリーの代表的な食材です。 こんにゃくの97%は水分であり、残りのほとんどはグルコマンナンという食物繊維です。 食物繊維とは、...
  21. 昆布(こんぶ・コンブ・こぶ・コブ)

    (複製)昆布は、低カロリーで、ビタミン・ミネラルのほか食物繊維も豊富に含む。そのため、「海の野菜」ともいわれる。



関連コンテンツ


「か行」の位置づけ

現在のカテゴリ:「か行」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー